知って得する病気の知識

site map
site map+




更新:2009年5月

●ウイルス性肝炎の種類

ウイルス性肝炎には以下に示すような種類があります。ここでは、わが国でよく見られるA型肝炎、B型肝炎、C型肝炎について解説します(E型肝炎についてはこちらを参照してください)。

一方、病気の進行のしかたの違いにより、急性肝炎と慢性肝炎に分類することもあります。
急性肝炎は肝細胞に急性の炎症が起こるもので、食欲不振、嘔吐、高熱、黄疸(おうだん)など、さまざまな症状が見られます。一方、慢性肝炎とは肝細胞に6ヵ月以上継続する慢性の炎症が起こっている状態で、急性肝炎から移行することがあります。

●症状

ウイルス性肝炎で急性の経過をたどる肝炎は、多くはインフルエンザのような、または風邪のような症状で始まります。具体的な症状としては、全身倦怠感、発熱、筋肉痛、嘔吐、悪心、腹痛、食欲低下などが見られます。やがて黄疸(おうだん)が出現し、白眼(眼球結膜)や皮膚が黄色になり痒くなってきます。
たいていは数ヵ月で軽快します。しかし、症状は軽快するものの、肝機能を示す血液検査の数値が正常化せず、慢性肝炎になる人がいます。


TOP