知って得する病気の知識

site map




●気管支喘息とは

 成人の気管支喘息は「気道の炎症と種々の程度の気流制限により特徴づけられ、発作性の咳、喘鳴(ぜんめい)および呼吸困難を示す病気」と定義されています。また小児の気管支喘息は、「発作性の呼吸困難、喘鳴、咳などの気道閉塞(へいそく)による症状の繰り返す病気であり、その背景として多くは、気道の過敏性を伴う環境アレルゲン(アレルギーの原因物質)による慢性のアレルギー性炎症が存在する」という難しい定義があります。やさしく表現すると、アレルゲンや患者さんの生活環境から生じる刺激物質などにより、気道が過敏に反応して内腔が狭くなり、その結果突然咳が出て、ゼーゼー・ヒューヒューといった音を伴う呼吸となり、息苦しくなる病気です。しかも繰り返すことが特徴です。

●気管支喘息の疫学

 気管支喘息の恐いところは、重症の発作を起こすと死亡することもあり、年間に6,000人前後が死亡しています。年齢別に見ると、男女とも15〜29歳の若年層で増加の傾向を示しています。さらに、死亡例を気管支喘息の重症度別に見たときに小児・成人ともに、軽症、中等症の気管支喘息患者さんでの増加が指摘されています。

 小児の気管支喘息が増加していることも注目されています。また、以前は乳幼児の気管支喘息は比較的まれでしたが、最近では著しく増加しています。増加の原因として、さまざまな説がありますが、明確な答えが出ていないのが現状です。


TOP