知って得する病気の知識

site map
site map+


関節リウマチ(リウマチ)

●関節リウマチに関するデータ

関節リウマチの患者さんは、全国で約60万人、人口の0.33%にあたると推定されており、年々増加する傾向にあるとされています。女性に多い病気です。発病する年齢は30〜50歳の働き盛りの年代であるため、症状が重い場合は日常生活に支障をきたすなど、患者さんにとって精神的にも経済的にも大きな負担となります。

※患者数の推計は「リウマチ・アレルギー対策委員会報告書」厚生科学審議会疾病対策部会リウマチ・アレルギー対策委員会、平成17年10月から。


●関節リウマチの原因

関節リウマチの原因は現在も解明されていません。しかし、本来自分の身体を守るべき「免疫」機能に異常が起こり、誤って自分の身体を攻撃してしまうことから起こると考えられています。免疫異常を起こす要因として、関節リウマチになりやすい体質(遺伝的な素因)であることや、ウイルスや細菌の感染の関与が考えられています。



TOP