知って得する病気の知識

site map
site map+


自律神経失調症

【交感神経と副交感神経】
自律神経には、交感神経と副交感神経があります。この二つの神経は正反対の働きをする性質があります。また、これらの神経は私たちの意思とは無関係に自動的に働いて、常に身体をバランスよく保つ役目をもっています。

○交感神経
身体を活発に動かすときに働く、活動型・アクセル型の神経です。主に日中に働きます。

○副交感神経
身体を休めて体力を回復させるときに働く、休息型・ブレーキ型の神経です。主に夜間に働きます。




TOP