知って得する病気の知識

site map
site map+


自律神経失調症

●間違えられやすい病気とは?

自律神経失調症と似たような病気に「心身症」があります。自律神経失調症はいろいろな検査をしても身体に異常はありませんが、検査をすると「胃潰瘍」や「気管支喘息」など明らかに身体に異常があり、その原因が心の問題である病気を総称して心身症と言います。


また、「仮面うつ病」も間違えられやすい病気の一つです。仮面うつ病はうつ病の一種で、不眠や食欲不振、倦怠感などの症状が前面に出て、精神的な症状が隠れているため、よく自律神経失調症と間違われます。
ただし、医師から診断されていないのに、自分で「自律神経失調症である」と思い込んでしまうことは危険です。もしかすると、ほんとうに身体に異常があり、命にかかわるような重大な病気が隠されていることもあります。早期発見のチャンスを失わないためにも、自分の身体が発するサインを見逃さず、早めに受診することをおすすめします。

●自律神経失調症の原因とは?

多くはストレスをコントロールできずにため込んでしまい、自律神経のバランスが崩れることにより起こってくるといわれています。ストレスの原因としては、家庭や職場の人間関係、転職・転勤などによる生活環境の変化、気まじめ・責任感が強い・完璧主義などの性格、事件・事故など社会的環境の変化などがあげられます。



●自律神経失調症の検査と診断は?

自律神経失調症と診断するには、重大な病気などが隠されていないか、症状の似ている病気を検査によって除外します。それでも病気を確定できない場合は自律神経失調症が疑われるため、問診をはじめ、心理テストや性格テストなどでストレスの原因や程度を探り、それらによる自律神経の失調状態ではないかと診断をします。


また、ある特定の臓器や器官に症状が強く現れる場合は、別に病名がつく場合もあります。過敏性腸症候群、胃・十二指腸潰瘍、過呼吸症候群、気管支喘息、更年期障害などがよく知られています。



TOP