表紙ページ >> 突発的な事故・ケガに関する緊急時対応方法
日常よくあるケガ・事故 >> 川などに転落した場合

川などに転落した場合 

園外に出るときには最大の注意を

 散歩や必要があって園外に出たときは、言うまでもなく最大限の注意を払い、安全を確保する必要があります。外出先に川や用水路、池などがある場所では、子どもたちが近づかないようにに必要な人数のおとなを配置して、目配りしてあげましょう。また、園のすぐそばに川や用水路がある場所では、しっかりした柵などを設置して、園児たちがうっかり外に出ないためのくふうが必要です。

川や用水路などに落ちたら

 すぐに助けに行かなければ、という焦る気持ちはわかりますが、あわてて飛び込まないように。特に着衣のまま飛び込むのは、おとなでも大変危険なことです。まずは浮き輪になるようなものを投げるか、おとながつながって子どもに手を伸ばす(ヒューマンチェーン)といったような方法を試みるのが無難です。
 どうしても泳いで行く必要があれば、ある程度服を脱ぎ、体の自由が利くような状態になってから水に入るようにしてください。同時に、助けを求めに行く、119番に連絡するなど、手分けをして対応することも行いましょう。
トップページへ戻るケガへの対応病気への対応

日本医師会ホームページ/Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.