表紙ページ >> 急な病気?!と思ったら見て頂きたい緊急時対応方法
かぜのような症状があるとき >> 鼻水、鼻詰まり

鼻水、鼻詰まり 

鼻の構造と機能

 鼻は顔の真ん中にある盛りあがった部分で、穴が二つあり、外鼻口と言います。この穴から、のどまでの間を鼻腔(びくう)と言い、鼻腔は鍾乳洞のように複雑な構造になっています。
 一方、顔の奥は副鼻腔という、いくつかの空洞があり、その空洞は鼻腔につながっています。鼻腔は目につながる鼻涙管(びるいかん)の出口であり、耳につながる耳管(じかん)の出口でもあります。耳管の近くにはアデノイドというリンパ組織があります。この鼻腔は空気の通り道で、人の呼吸は主に鼻呼吸と言われており、とくに低年齢ほどこの鼻呼吸に依存しています。鼻の通りが悪いと呼吸困難になります。鼻の通りが悪い状態がいわゆる鼻詰まりで、鼻詰まりがひどい場合は口呼吸になります。
 鼻から入った空気はこの鼻腔で適度に加湿・加温されます。空気には酸素だけでなく、ほこりやかぜの原因になるウイルスなどが混ざっているため、鼻腔には汚れた空気を浄化する作用があります。鼻の大事な機能として臭覚があり、においは食を楽しむことなどにも大事ですが、有害物質をかぎ分ける働きもあります。鼻水や鼻詰まりがあると、鼻の機能が損なわれることになります。

鼻水、鼻詰まりのメカニズム

 健康な状態でも鼻で呼吸をしている限り、鼻水は鼻の粘膜から分泌されており、鼻水は1日何リットルという量が作られます。特に汚い空気や冷たい空気が入ると、鼻水の分泌量は多くなります。鼻水には加湿の役割と同時に異物を外に出す役割があり、かぜウイルスが入ると鼻水が出ます。鼻の粘膜がかぜで炎症を起こすと、粘膜の下にある毛細血管は拡張して赤くはれ、鼻詰まりも起こります。異物はウイルスの他に、アレルギーの原因であるほこりや花粉もあります。鼻腔でアレルギー反応が起こると、鼻水、鼻詰まり、くしゃみが出ますが、かぜの症状と違い、鼻の粘膜は赤っぽいというより白っぽくなるのが特徴です。鼻水には、透明で水性のものや、黄色いうみのようなものもあり、うみのような鼻水を顕微鏡で見ると好中球(こうちゅうきゅう)という種類の白血球が多く見られます。
 鼻水は通常外に出ますが、のどの奥から出ることもあります。これを後鼻漏(こうびろう)と言い、後鼻漏の鼻水は副鼻腔からのことが多く、診察時に口の奥を見ると、のどの壁にべたっとくっついているのがわかります。 かぜをひくとほとんどの場合、副鼻腔にも急性副鼻腔炎と言う炎症が起き、この炎症はかぜが治るとともによくなります。かぜが治っても黄色いどろっとした後鼻漏があるときは、慢性の副鼻腔炎があることが多いようです。これを一般的には「ちくのう」と言います。鼻水がのどから気管支に流れ込むとせきが出ます。特に明け方にせきが多い場合はこれが関与しているようです。

鼻水、鼻詰まりの原因は?

 いちばん多い原因はかぜです。水っぽい鼻水で始まり、そのあと熱やせきが伴い、炎症がひどいときは鼻詰まりも伴います。水っぽい鼻水は途中から黄色くなり、だんだんと粘っぽくなりますが、途中でばい菌の二次感染を併発すると、粘っぽい鼻水になり、これは慢性の副鼻腔炎となりつつある状態です。
 水っぽい鼻水が続く場合は鼻アレルギーを疑います。この鼻水を顕微鏡で見ると、アレルギーと関係のある好酸球(こうさんきゅう)が多く見られます。鼻腔の奥のアデノイドが大きくなると鼻詰まりとなり、就寝中にいびきをかき、口で呼吸をしています。ひどい場合はいつも鼻声で口を開け、特有の顔つきになります。鼻腔に炎症があり鼻水、鼻詰まりがあると、鼻腔に出口のある鼻涙管や耳管に炎症が及び、通りが悪くなります。かぜのときに涙目になり、朝、目やにで目が開けられないことがあります。子どもは耳管の形が細く、かぜもひきやすいため、耳管に炎症が及ぶと中耳炎にもなりやすいのです。

鼻水、鼻詰まり対策

 かぜなのか、アレルギーなのか、症状や検査で判断します。かぜであれば1週間ほどで改善し、アレルギーの場合は軽ければ鼻をふくだけでよく、ひどいときは一般的な鼻アレルギーの治療をします。慢性副鼻腔炎の場合は耳鼻科的な治療が必要です。しかし、子どものこれらの症状は成長とともによくなることが多いので、ひどい合併症がなければ対症療法や自然に任せます。鼻水は集団生活をしている子どもにつきものと考えてください。成長とともに改善するため、元気であればじっくりようすを見たほうがいいと思います。しかし、中耳炎、慢性の副鼻腔炎、アデノイド肥大などの合併症もあるので医師への相談が必要です。
トップページへ戻るケガへの対応病気への対応

日本医師会ホームページ/Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.