表紙ページ >> 急な病気?!と思ったら見て頂きたい緊急時対応方法
体のどこかが痛い >> 喉(ノド)の奥を痛がっている場合

喉(ノド)の奥を痛がっている場合 

のどの痛みの原因は?

 のどの奥が痛いというのは、多くの場合、扁桃が炎症を起こしていることが原因と考えられます。
 風邪のウイルスやインフルエンザの感染でのどが痛いというのが最も多いのではないでしょうか。その他、夏になると話題になる咽頭結膜熱(プール熱)はアデノウイルスという夏風邪のウイルスによって起きます。これも感染力の強い溶連菌感染症の特徴としては「のどの痛み」と「赤さ」です。

アデノウイルスとは?

 アデノウイルスは49もの亜型が知られており、多くは風邪と言われる上気道炎を起こします。また、ときには肺炎や髄膜炎も起こし、中耳炎や下痢を起こすこともあります。様々な臨床像を呈することがありますが、潜伏期は5~7日で、夏では流行することもあります。

アデノウイルスによる咽頭炎

 これは、いわゆる風邪で、多くの場合、熱を伴います。高熱が普通の風邪より長く、のどの赤さが少しピンクがかっているのが特徴です。扁桃に白い滲出物が付いたりし、扁桃炎と言われることもあります。抗生物質を使ってもよくならず、冬にこのウイルスによる風邪にかかると、インフルエンザと誤解するほど症状が似ています。
 現在はインフルエンザにはインフルエンザ迅速診断キット、アデノウイルスにはアデノウイルス迅速診断キットがあり、臨床の場でどちらかすぐに診断できるので、あいまいになることはなく対応できるようになりました。

エンテロウイルスとは?

 エンテロウイルスは、上記のアデノウィルスよりもさらに細かく分類されています。コクサッキーウイルスA群(1~24型)、コクサッキーウイルスB群(1~6型)、エコーウイルス(1~34型)、ポリオウイルス(1~3型)、エンテロウイルス(68~71型)、A型肝炎ウイルスがエンテロウイルスと言われているウイルス群です。
 主な感染経路は、糞口感染で飛沫感染もあります。
 のどに感染が起こり、消化管でウイルスは増殖して、血液を介して様々な場所に行き臨床症状を引き起こします。感染しても症状は出ない不顕性感染(ふけんせいかんせん)が60~80%もあると言われ、消化管から長い期間ウイルスが排出されるため感染防御が難しいと言われています。

エンテロウイルスによる上気道炎

 急性上気道炎とは、いわゆる風邪で、多くの場合、熱を伴います。嘔吐や下痢を伴うこともあります。
 ときに熱が3日以上続き、冬であればインフルエンザと区別ができないような症状になることもあります。

ヘルパンギーナ

 コクサッキーA群が主な原因ウイルスです。突然の高熱で発症し、のどの痛みで食事が辛くなります。のどの奥に水疱を伴う口内炎ができます。

おたふくかぜでも痛みが

 おたふくかぜも、ものが飲みこみにくい病気です。耳の下にある、あごのリンパ腺がはれると、耳下腺がはれているか分からない場合があります。こうなると、診断の時、おたふくかぜかどうか迷うことがあります。
 おたふくかぜは主として耳下腺がはれる病気ですが、耳下腺は耳たぶの下を取り巻いているので、正確な触診をすれば、あごの下にあるリンパ腺と基本的には区別がつきます。


参考URL:不顕性感染(Wikipedia)
トップページへ戻るケガへの対応病気への対応

日本医師会ホームページ/Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.