TOPIC 4
育児・介護と仕事の両立を支援する

育児や介護をしながらでも働き続けられる仕組みや、
一旦仕事を離れてもスムーズに復帰できる仕組みがあったら理想的ですよね。
医師会は、育児・介護と仕事の両立支援や、就業支援を行っています。

merit1
女性医師の就業を支援
日本医師会女性医師バンク

地域の実情を把握したマッチングが可能

日本医師会では、女性医師の就業を支援するため、無料の職業紹介業として女性医師バンクを運営しています。女性医師バンクでは、専任コーディネーターがそれぞれの女性医師のライフスタイルに合わせた就業先や再研修先の紹介を行っており、地域や医療現場の実情を把握し、アドバイザーの医師とともに、きめ細やかなマッチングに努めています。

女性医師の抱える問題に親身に相談に応じます

アドバイザーは「医師としての先輩」にあたります。仕事の大変さや、病院や診療科による働き方の違い、育児や介護と両立しながら働く上で必要なサポートは何か…など、当事者として向き合ってきた医師が相談に乗ることになりますので、安心してご利用いただけます。

merit2
市内の託児所と契約し、会員が子どもを預けやすい体制
徳島県医師会

託児所の年会費が無料に!保育料金も割引される

各地の医師会では、様々な保育支援を行っています。例えば徳島県医師会は平成20年から、市内の託児所2か所の協力を受け、医師会員を対象とした保育支援システムを築いています。

このシステムの特筆すべきメリットは、料金面で優遇が受けられるということです。具体的には、医師会員であれば提携保育所の年会費を医師会に全額負担してもらえます。かつ月々の保育料や延長保育・二重保育なども割引料金で受けられる仕組みになっているのです。育児と仕事を両立することを考えたとき、保育料は家計の大きな負担となります。このサポートは、その意味で非常に役に立つものだといえるでしょう。

延長保育や二重保育を安定して受けられる

医師会と託児所が契約することによって、個人契約ではスタッフの確保が難しかった延長保育や二重保育も安定的に受けられるようになりました。病院からの予定外の呼び出しなどの際にも、比較的利用しやすくなっています。他にも、研修会等でマミールームを設置するなど、育児中でもスキルアップのための場に参加しやすい環境を整えています。

merit3
先輩たちがどんなキャリアを歩んできたか、話を聴ける
各都道府県医師会

研修医・若手医師のキャリアをサポートする

仕事を続けていくうえでは、結婚・出産・育児・介護・自身の病気?など、様々なライフイベントが訪れることになるでしょう。そうしたなかで、自身が医師としてどのようにキャリアアップしていくかを考えるには、先輩たちの話は非常にためになります。各都道府県医師会では、先輩たちのキャリアについて、体験談を聴くことができる機会を定期的に設けています。

勤務医・開業医・研究者など様々な立場から話が聴ける

例えば、ある都道府県医師会では、年に1回、勤務医・開業医・研究者など様々な立場の先輩を招き、専門領域の選択のきっかけやキャリアにおけるターニング・ポイント、仕事と家庭の両立などについて話を聴くことのできる「医学生・研修医のためのキャリアサポートセミナー」を開催しています。医学生や研修医も気軽に参加できるよう、参加費は無料です。また、壇上での講演だけでなく、お菓子を食べながら講演者の先生と歓談することのできる時間も設けられています。

各都道府県で行われている会の具体的な内容については、各都道府県医師会のWEBページ等に掲載されています。みなさんも是非、自身が勤務する地域の医師会を調べてみてください。