DOCTOR-ASE:医学生がこれからの医療を考えるための情報誌

お知らせ・イベント情報

医学生のためのイベント、サークルや勉強会の告知など、医学生どうしの交流のための情報を掲載していきます。

DMiMEプロジェクト

DMiMEとは “無料” で使える医学用語変換辞書です。 医学学習の効率化を目標にオープンライセンスで医学生・医師が開発しています。

Google日本語入力用とMac日本語IM用のユーザー辞書ファイルとして開発しており、Windows、Mac、Linux、Androidでの使用が可能です。 収載語句数4万超で、ITを活用した医学学習、レポート作成を強力にサポートします。 WEBサイトから誰でも無料でダウンロードできます。 日々の学習にご活用ください! また、プロジェクトに参加して語句登録や辞書編集に協力してくださる方も募集しています。 詳細はプロジェクトWEBページを御覧ください。

WEB:https://ja.osdn.net/projects/dmime/

 

Team Medics SOLA Summer Conference 2018のご案内

Team Medics

SOLA(School of Liberal Arts)は、Team Medicsが「Study of Diversity 多種多様な文化・価値観・生き方の学び」をテーマに、ゲスト講師のご講演による学びの場として開催しているイベントです。今回のSOLA Summer Conference 2018では、2日間にわたりこれからの国際医療について考えます。

1日目「国際大会と医療」:ご講演とグループワークを通じて、国際化により変化する医療の現状とこれからについて考えます。

2日目「世界における臨床のリアル」:複数の先生方の現場での体験談を聞いて議論しながら、それぞれの目指す将来像についての考えを深めます。

大学や教科書では学べない「国際医療のリアル」を学び、先生方・参加者同士との交流から多様な価値観を知り視野を広げていただけるイベントとなっております。

【開催概要】

日時:2018年8月11日(土・祝)10:30〜16:30、12日(日) 10:30〜17:30

場所:東京大学 本郷キャンパス

料金:学生2,000円(2DAY)、1,500円(1DAY)※昼食含/社会人4,000円(2DAY)、2,500円(1DAY) ※昼食含

対象:医療分野に興味をお持ちの方でしたらどなた様でもご参加いただけます。

主催:Team Medics

後援 : 東京都医師会、一般社団法人JIGH

プログラム詳細やご登壇いただく先生方などについては、下記WEBページをご覧ください。

WEBhttp://summerconferencetm.wixsite.com/2018

お申し込みは公式ホームページ・facebookページよりお願い申し上げます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

この夏、Summer Conference 2018に参加して今後の生活がもっと充実する学びをしてみませんか?

 

第2回YGPA日韓医学生国際交流イベント開催のお知らせ

YGPA(Young General Practitioner Association)

昨夏、YGPA主催による医学生・医師の国際交流イベントが開催されました。そして、今年の夏も第2回の開催が決定いたしました。今回は、「今日の小さな一歩が、明日の大きな飛躍につながる」という意味が込められた、『One small step, one giant leap』がメインテーマです。3日間のイベントでは、現役医師による二つの招待講演や学生によるグループワーク、医学生と医師によるディスカッションプログラムなどが企画されています。これらを通して、未来の可能性を広げ、医療人としての成長、これからへの大きな飛躍の一助としていけたら幸いです。

また、本イベントに際し多くの医師、先輩たちが協力してくださっています。日本と韓国の医学生が交流できる貴重な機会として、3日間の交流を通し、観光やレクリエーションも楽しみ、グローバルな視野を育て、より良い医療人を共に目指す、国を越えた仲間たちを作る時間になればと思います。

より多くの医学生にご参加いただき、当日お会いできることを心からお待ちしております。

主催:YGPA

(Young General Practitioner Association)

平成28年度、若手開業医が中心となり医師たちにより結成された会です。本プログラムは、国境を越えこれからの医療を担う医学生の人材育成を継続的にサポートすることを目的とした事業です。

企画内容(暫定)

【1日目】開幕式/チームプレゼンテーション/

招待講演『20-Year Commitment to Help Patients Stop Smoking』

【2日目】1.招待講演『Stand Up Against Alcohol-Related Problems』/2.レクリエーション・交流イベント/3.グループワーク

【3日目】1.現役医師たちとのディスカッションタイム/2.Farewell Party

日程:2018年8月16日(木)〜18日(土)

対象:医学生・医学部志望の高校生

メインホール: 大阪市中央公会堂

http://osaka-chuokokaido.jp/

(Farewell partyは本会場レストランを予定しております。)

参加費:20,000円(事前振込)

(宿泊は別途一泊5,000円で手配いたします)

募集人数:30人(希望者多数の場合は選考となりますのでご了承ください)

連絡先:ygpa.japan[a]gmail.com([a]をアットマークに変えてください)

参加登録

https://goo.gl/forms/XmNUpGBCAPQRMjrL2

 

平成30年度放射線医学オープンスクール

「放射線医学オープンスクール」は、全国から集まった医療に関心のある学生が放射線医学の最先端の現場を見学し、なんだか放射線医学って楽しそう!と興味をもつきっかけ、そして日本の放射線医学がこれからどのように発展すべきなのかを、自分なりに考えてみる機会を提供する、1泊2日の見学研修プログラムです。

主催:(公財)医用原子力技術研究振興財団
共催:医師のキャリアパスを考える医学生の会、 医学物理若手の会

開催要項

日時:平成30年8月20日(月)~21日(火)1泊2日
8月20日(月)集合 12:00 鍛冶橋駐車場(JR東京駅徒歩5分)
8月21日(火)解散 17:00 東京女子医科大学病院
見学先施設:東芝エネルギーシステムズ株式会社京浜事業所本工場、東京女子医科大学病院
対象:医療系および理工系専攻の大学生・大学院生 
定員:40名 
応募方法:下記公式サイトより 
公式サイトhttp://www.antm.or.jp/04_talent/03.html 
申込締切:平成30年7月31日(火)但し、定員に達し次第締切
参加費:3,000円(含 研修費・宿泊費・食費)
  ※8月1日(水)以降にキャンセルの場合、参加費の返金はいたしかねますのでご了承ください。
携帯品:白衣

【お問い合わせ先】

〒103-0001東京都中央区日本橋小伝馬町7-16ニッケイビル5階
公益財団法人医用原子力技術研究振興財団
TEL:03-5645-2230 
FAX:03-3660-0200
mail:ops[a]antm.or.jp([a]をアットマークに変えてください)

 

(クリックで拡大) med26-event04.png

 

Tomorrow’s Medicine勉強会
「被災地:福島県飯館村復興の歩みと今後の課題」

こんにちは!!Tomorrow’s Medicineより勉強会のお知らせです。

今回のテーマは、《被災地:福島県飯館村復興の歩みと今後の課題》です。
2011年3月11日から7年半が立った今、被災地に対してどれほどの人が関心を払い、今も残る課題に向き合おうとしているでしょうか?
今回は福島県飯館村から講師の方をお招きして、被災地復興のこれまでの歩みと葛藤、今後の課題についてレクチャーして頂く貴重な機会となります。またドクターにも参加して頂き、生活・政策・医療の多方面から学ぶ時間となります。
避難解除を経た今もなお、戻れない人々が全国各地で生活しています。私たち医療人としても他人事ではなく、有意義な学びの時間となりますので、是非一緒に勉強しましょう!

日時:9月2日(日)17:45開場 18:00開始
場所:文京福祉センター江戸川橋
参加費:500円
参加フォームhttps://goo.gl/forms/VPpWTIo6dDklefA42
質問・連絡先:think.of.tomorrow.medicine[a]gmail.com([a]をアットマークに変えてください)

《講師紹介》菅野クニ
福島県飯館村在住。2011.3.11東日本大震災と東京電力福島第一原発事故により、飯館村は計画的避難区域に指定され、福島市内に家族で避難生活を始めた。
その後、2012年に「合同会社ニコニコ菅野農園」を設立、2014年には「ナツハゼの低温除湿乾燥と粉末化」に取り組むなど、内閣府や地域産業の復興支援事業に積極的に取り組んできた。2011年に飯館村教育委員に就任。2017年3月避難解除により帰村。

 

宇宙への一歩を踏み出しませんか?

大阪医科大学医学部5年 鈴木 優子

「宇宙医学」という分野をご存知でしょうか?

最近まで医師の金井宣茂宇宙飛行士がISSに滞在されていたこともあり、耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。宇宙医学とは、過酷な宇宙環境による身体への影響を評価・予防する学問です。近年では「究極の予防医学」とも呼ばれ、基礎研究としての老年医学や免疫学等への応用も期待されています。

【日本宇宙航空環境医学会 第64回大会】

年に一度、研究者の方たちが一堂に会し、研究成果を発表する学術大会が開催されます。様々なテーマで活躍されている先生方のお話を直接伺える貴重な機会です。今大会では医学生向けのセッションを設け、今後のキャリアプランなどについて討論をしたいと思っています。医学生の方は学会非会員でも参加できますので、ぜひお越しください!

日時:2018年11月22日(木)、23日(金・祝)、24日(土)

23日(金・祝)の夜に懇親会、24日(土)午後に医学生向けセッションを企画予定。

場所:順天堂大学 さくらキャンパス

住所:千葉県印西市平賀学園台1-1

【Space Medicine Japan Youth Community】

宇宙医学に関心のある医学生と若手医師が情報共有をし、活動の幅を広げていけるようなコミュニティです。スタディツアー等の企画もしています。

巻末「FACE to FACE」もぜひご覧ください!

【連絡先】

宇宙医学に少しでも興味がある方は、お気軽にご連絡いただけたら幸いです。

大阪医科大学医学部5年 鈴木 優子

Mail:spacemedicine.japan[a]gmail.com([a]をアットマークに変えてください)