医師はどう育てられてきたか(前編)

みなさんは今の臨床研修制度をよいものだと感じていますか?「何で地域医療が必修なのか」、「早く専門を学びたい」、「研修医の給料で生活していけるのか」といったいろいろな疑問を持つ人もいるでしょう。また、「今のやり方で良い医師を育てられるのか」という疑問を持つ人もいるでしょう。しかし、今の制度は以前に比べて悪くなったのでしょうか。医師養成の歴史を紐解いてみましょう。

1946年

インターン制度開始
無給で働かされる時代

国家試験受験前に、卒後1年以上の診療を実地修練として行うことが必要とされた。
無報酬の労働、医師免許を持たないままでの診療といった問題が、学生運動の流れとあいまって大規模な国家試験のボイコットに至った。

 制度が数年ごとに変わり、研修病院選びに悩まされ、マッチングの結果に振り回される…。なぜこんな厄介な制度があるのか、と感じるかもしれません。しかし、1946年に導入された「インターン制度」に始まる戦後の医師養成は、今よりもずっと問題の多いものでした。この時代は、医学部卒業後に1年の「実地修練」を経なければ国家試験を受けられず、さらにインターンの間は「学生でも医師でもない」という中途半端な身分のまま、ほぼ無報酬で医療行為を行わされるのが常でした。インターン生のみならず患者をも危険にさらす状況に強い不満を持った医学生が、当時隆盛だった学生運動の流れに乗り、大規模な国家試験のボイコットを行いました。これを契機として1968年に医師法が改正され、学部卒業時に医師国家試験を受けるという、今となっては当たり前の制度がスタートしたのです。


1968年

努力規定としての臨床研修
インターン制度廃止後の卒後教育

医師免許取得後、2年以上の臨床研修が努力規定として導入された。
・1980年 ローテート方式導入
・1985年 総合診療方式導入
この頃より、徐々に市中病院が臨床研修病院の指定を受けるようになった。

 インターン制度が廃止されると、卒業後2年間の臨床研修が努力規定として課されました。しかし実際には、卒業後大学の医局に入局する人が大多数でした。当時の内科や外科は「第一内科」「第二内科」などのいわゆる“ナンバー制”が主流でした。一つの内科医局の中には、今でいう循環器内科や消化器内科といった臓器(疾病)ごとの専門家が揃っていたため、一通り内科全般の研修はできたものの、その枠を超えた、例えば外科や精神科の研修を受ける機会は乏しかったのです。

 そのような中、1985年には、臨床研修で幅広い分野を経験する「総合診療(スーパー・ローテート)方式」が始まり、市中病院が臨床研修指定病院として医師養成に関われるようになりました。しかしその動きは一部にとどまり、多くの研修医は大学病院でそれまでと同様の研修を受ける時代が続きました。


1994年

臨床研修必修化への動き
求められる幅広い診療能力

総合診療方式導入後も、研修医の多くが、医局関連の単一診療科による専門重視の研修を受けていた。研修医の給料は安く、アルバイトをせざるを得ず、研修に専念できない状況であった。このような背景から臨床研修必修化の動きが本格化した。

 市中病院が臨床研修を行う体制は拡がらず、多くの研修医が大学の医局に入る流れは続きました。そして臨床研修の内容の多くは、依然として専門の診療科に偏ったものでした。

 自分の専門領域以外でも医師として最低限の診療ができるようになるには、臨床研修の中で内科・外科など基本的な科の診療を一通り経験することが必要だと考えられるようになりました。また、大学病院には研修医の給与水準が低い所もあり、研修への専念義務もなかったために、当直などのアルバイトをする研修医が多く、研修に集中できないことも問題として指摘されました。

 そのような流れを受けて、1994年に臨床研修の必修化に向けた提言がなされたのです。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら