10年目のカルテ

自分の腕も大事だが共に学び、相談しあえるネットワークが重要。

【循環器内科】川崎 大輔医師(取材時:国立病院機構指宿病院 循環器科)ー(前編)

循環器科を選んだ経緯

10年目のカルテ

――早速ですが、今の専門(循環器科)を選んだのはなぜですか?

川崎(以下、川):僕は最初から循環器に決めていたわけではなくて、消化器か循環器のどちらかだろうな…くらいに漠然と考えていたんです。だから、消化器と循環器のどちらも揃っている第二内科(当時)の医局に入りました。そこで、内科全般を経験してから、4年目に鹿児島医療センターに行ったんです。以前は九州循環器病センターと呼ばれていた循環器の専門病院で、心臓カテーテルも年間数百件は行っています。心カテでは、心筋梗塞で心臓が止まりかけている人の生命をダイレクトに助けることができるんですよね。これはすごいと思い、専門にしようと決めました。

ちなみに、いろいろ見てから専門を決めたのはよかったのですが、専門医を取るにはその分野の学会に入ってから一定の経験が必要なので、僕は今やっと専門医を取れるんです。学会に入るのが遅れると専門医を取るのも遅くなるので、早くバリバリやりたい人は早めに学会に入った方がよいでしょう。

10年目のカルテ

これ以外に、月に1~2回の病院当直、月に2回程度の循環器当直。
※鹿児島医療センター時代の1週間のスケジュールを紹介しています。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら