10年目のカルテ

地元の循環器医療を背負っていく覚悟で。

【循環器内科】金子 伸吾医師(済生会西条病院 循環器科)ー(前編)

10年目を見据えて

10年目のカルテ

――初めから地元に戻ってくる予定だったのでしょうか?

金子(以下、金):学部時代から、卒業後しばらくは東京で修行をしようと思ってました。全国で通用するレベルの知識や技術を身につけて、地元に戻ろうと。

ちょうど4年くらい前に、ここの病院の循環器科が閉じてしまい、地元の方からも「戻ってこないか」という話があったんです。カテーテルに関しても、術者としてある程度自信がついてきた頃で、その頃からこちらに戻る準備を少しずつしてきました。

――平坦な道のりではなかったんでしょうね。

金:そうですね。墨東病院に入って1年目は内科やER(救急診療科)を中心としたジェネラルローテーション、2年目に心臓血管外科、救命センターで研修をしました。3年目にようやく循環器に関わるようになりますが、1年間は病棟、CCU、救急対応業務が中心で、カテ室では外からの見学のみでした。4年目でやっと診断カテーテルに関わるようになり、術者になれたのは5年目です。それからは毎年400例くらいは手がけ、倒れそうなほどに忙しい時もありましたが、その経験が今に繋がっています。

思えば、初期研修がとても役立っていますし、下積みがあったから技術がちゃんと身についたと感じますね。若手が「早く自分でやりたい」と感じるのはわかるのですが、指導する立場になり、「助手として、術者の考えをすべて理解できるまで経験して、ようやく術者ができる」と考えるようになりました。

10年目のカルテ

これ以外に、月に3~4回の当直・救急対応。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら