女子医学生のお悩み相談室
女性医師が後輩たちにアドバイス!

女性医師としてのキャリアや実際の職場のこと、出産・子育て・プライベートなど、学生のいろいろな質問に対して先輩医師がお答えします。

女性特有の身体不調に対し、周囲の理解は得られますか?

医師は代わりがきかない仕事なので、男女ともに体調の自己管理が求められることは言うまでもありません。一方で、妊娠中の女性に対する理解・気遣いなどは深いと私は感じています。もちろん、忙しい職場なので甘いことばかりは言えませんが…。(30代・呼吸器内科)

市中病院と大学病院で、女性医師として働きやすさに差はありますか?

病院の種類や設置主体で一概に言うことはできないと感じます。「働きやすさ」も人によって感じ方が違いますから、納得行くまで先輩などに聴くことが大事です。(20代・循環器内科)

診療科を選択する上で、女性であることはどの程度影響しましたか?(多忙な科や、病棟を持つ科は選択が難しいetc.)

私の場合は、30歳までは医師としてのキャリアの基礎をしっかり築こうと思っていたので、忙しさなどは考えませんでした。(40代・小児科)
部活の先輩が「子どもを産んでも外来で働けるし、女性医師が多くてやりやすいよ」と誘って下さいました。私は卒業後すぐに結婚する予定だったので、意識したと思います。(30代・皮膚科)
女性が多い診療科や医局では、産休・育休などの時期が重なると調整が必要になることもあり、女性医師どうしの確執が生じたり、希望が通りにくくなる場合もあるようです。必ずしも女性が多い所が「女性にやさしい」とは限りませんね。(30代・神経内科)


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら