先輩医師インタビュー
海堂 尊

医療への信頼を高める死亡時画像診断(Ai)ー(前編)

臨床現場や「医師」という仕事の枠組を超えて、様々な分野で活躍する先輩医師から医学生へのメッセージを、インタビュー形式で紹介します。

海堂 尊
作家・医師。2005年の処女作『チーム・バチスタの崩壊』(『チーム・バチスタの栄光』と改題)で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した、言わずと知れた売れっ子作家だ。千葉大学卒業後外科医を経て病理医になるも、死亡時画像診断(Autopsy Imaging, Ai)の必要性を感じ、その導入に力を注いできた。現在は「医師」よりも「作家」の比重の方が大きいと語る海堂氏だが、医学への熱い思いは変わらないようだ。


 外科医として働いた後、大学院で病理学を学んだ。分子生物学・実験病理学に興味を持ち、博士課程修了後は放射線医学総合研究所で病理医としてがん治療の効果判定に携わったが、そこで従来の病理学のやり方では適切な治療効果判定を行うことは不可能だと感じた。

 「病理診断では、病巣を摘出し標本にしてから診断します。しかし、治療が続いている間は主に画像で治療効果の判定を行いますから、亡くなった際の病理診断の結果と正確な比較ができないと感じたのです。当たり前のことですが、治療の効果を亡くなった際に最終判定するためには、治療期間と同じ手段で比較しなければなりません。それならば、死亡時にCTやMRIなどの画像を撮ればいいではないか、と気がつきました。これがAiの考え方の基となったのです。」

 こうして海堂氏は2000年2月から、Aiに取り組み始めた。活動を進めるうちにAiが死因究明に大きく役立つことも分かってきた。今まで解剖を行わなければ分からなかった死因が、解剖をしなくても分かるようになる――これはやらない手はない、と海堂氏は思った。そこで患者の死亡時に、解剖の前段階としてCT・MRI等を使用した画像診断を取り入れるという流れを作ろうとしたのだ。

 「遺族の多くは遺体を傷つけるのに抵抗があり、解剖率は2・7%に留まっているので、多くの死体検案は体表からの診察となり、犯罪や虐待を見落とす可能性が残ります。しかし、Aiを行えば体表からは分からない異常を見つけることもでき、より多くの患者の死因を明らかにできるのです。」

 またAiの導入は、医療訴訟の減少にも繋がると海堂氏は言う。

 「ある病院で、胸骨穿刺の際に誤って針で心臓を刺してしまったという事例がありました。Aiを行ったところ、確かに針が刺さっているのを確認できたため、医師はすぐ遺族に謝罪し、結果として裁判には至らなかったのだそうです。もちろん医療事故はあってはならないことですが、ちゃんと情報を出して謝罪すれば遺族にも伝わる。遺族に真実を示すことは、たとえミスをしていても医師の信頼を増すことに繋がるのです。」


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら