interview MPH取得×タイ 
座光寺 正裕(前編)

医師のあり方にも多様性があっていい
挫折や回り道も大事だと思います

――まず、留学をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

もともとは、中学から高校に行く間の1年間遠回りをしたっていうのが、僕の人生の原体験なんです。中高一貫校で、進学実績を残すことが非常に重視されている環境の中で、本当にこれでいいのかなと悩んだ時期があって、中学を卒業した後に1年間休学したんです。バイトをしてお金を貯めて国内を自転車旅行して、その後9月頃から3か月半ぐらい、インドとネパールとタイを旅行したんです。普通とは違う経験がしたい、日本を外から眺めてみたいという気持ちで、日本を離れました。お金は全然ないので厳しい旅行なんですけど、いろんな人に助けてもらいました。

ネパールの山奥で2週間ほど過ごしたことがありました。現地の人がいつも水を汲んでいるという川から同じように水を飲んだら、翌日から体調を崩して。たぶん原虫疾患だったんだと思います。住んでいる人たちにとってはそこは上流なのだけれど、実はもっと川上に人が住んでいて、汚水が流れてきていた。水の衛生ってこういうことかと、身をもって感じました。

それが多分、医療者になろうと思ったきっかけでしたね。病気の根本的な原因は何なんだろう、病気にしないようにするためにはどういう取り組みができるんだろうと考えるようになりました。さっきの例で言えば、川の水を飲むこと自体が病気の根本原因なので、それを止めれば下痢症の治療薬は必要ないわけです。その方がずっと安上がりで、1回手を打てば患者さんを減らすことができると思いました。

――新興国や予防医療への関心は、その後も続いたのでしょうか

はい。大学時代は熱帯医学研究会という学生団体で、日本に滞在していたタイ人HIV感染者の帰国後の追跡調査を行っていました。帰国すると無料でHIVの治療が受けられるということで、日本側は良かれと思って帰国支援を行っていたんですが、調査をしてみると、多くの人が帰国後、周囲からの偏見を恐れて、自分がHIVに感染していると周りに伝えられずに亡くなっていたことがわかりました。その時の経験から、弱者に寄り添うような場所で医師としてのキャリアをスタートしたいと思い、そういう理念をもっている佐久総合病院を研修先に選びました。

しかし、初期研修医が国際保健に関わる機会はほぼありませんでした。通常の研修を受けるだけで精一杯で。それ自体は非常に勉強になりましたが、やっぱりちょっと未練もあったんですね。病気の根源を突き止めて解決したい、新興国の人たちの健康に関わりたいという思いがあって、2年目の6月ぐらいに留学を決めました。

――留学を後押ししたものは何かありましたか?

ひとつはタイミングですね。留学するなら、初期研修2年の後か、後期研修3年の後が区切りがいいかなと思っていました。それで僕は初期研修後に留学することにしました。

もうひとつは、2年目の8月に第一子が産まれたことです。日本で臨床医をすると全く時間がないので、自分が家庭生活や子育てを満足にできるのか自信が持てませんでした。なので僕にとって留学は、半分は育休のような感覚でもありました。勉強は大変でも、9~17時の生活ができたし、土日は休めたので、妻や子どもと過ごすにはいい時間だったなと思います。

病院がお給料を出してくれたのも大きかったですね。最初は奨学金をとって留学しようと思っていたんですが、推薦状を書いてもらいに院長室に行ったら、病院から出向という形で出したいという話をいただきました。僕としても帰ってくる場所があるというのは安心感があって、うれしかったですね。行き先は、家族と一緒に行くことを考えたら、金銭面で現実的なところがいいなと思い、タイに決めました。

――留学先ではどのようなことを学ばれていたんですか?

僕は、チクングニア熱という病気の予防をテーマに研究していました。座学が半分ぐらいで、あとは病院や医療現場に行って地域診断をし、インタビューして、質問書を作り、健康問題を評価して、どのようなプランを立てると人々の健康状態がよくなるのかを考える実習をしていました。実際のフィールドで公衆衛生を学べる場はあまりないので、いい経験になったと思います。もちろん、国によって健康問題も医療の仕組みも違います。例えば、タイでは衛生的な要因から感染症の予防が進んでいない一方で、先進国と同様に、生活習慣病への対策も必要になってきています。学んだことを必ずしもそのまま応用できるわけではありませんが、留学で身につけた基本的な技術は日本でも使えると思っています。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら