interview 黒川 清(前編)

UCLA教授、東大教授、東海大学医学部長、日本学術会議会長などを歴任した黒川清先生。東大医学部を卒業して数年で渡米し、14年もの間アメリカの大学に在籍。当時、東大の医局でのキャリアを捨てて、その経歴が全く通用しない海外に出て行く選択をする人はほとんどいなかった。そんなパイオニアにとって、今の時代はどう見えているのか。そして、これからの医学生に対してどのような期待をしているのか。先生の1時間半の熱いレクチャーを、紙幅の許す限りで紹介したい。

グローバル世界

この20年、世界は激変しました。「グローバル世界」です。日本の経済成長は止まり、みなさんは物心ついた頃から、あまり明るい話を聞いたことがないと思います。世界は相互依存を強めながら予想を超えるスピードで変化していくでしょう。
グローバル世界は、「タテ」ではなく「ヨコ」へ広がる世界です。そこでは、周囲と異質であること、つまり「ユニーク」であることが、大きな価値と可能性を持つようになります。そして将来を担う同世代が、相互理解を深めること。国家を超えた、多様で多彩な個人のつながりと信頼こそが、これからの世界には必須の要件です。

このような時代は以前にもあった、と黒川先生は語る。そこで出てきたキーワードは「インクナブラ」。グーテンベルクが15世紀に発明した活版印刷術によって、それまでカトリック教会が独占的に解釈していた教義が社会に広まった。印刷された聖書、記録、すなわち一次情報に触れられるようになったことで、中世には絶対的であった「教会の解釈」に懐疑的な見方がなされるようになり、教会の権威が低下したのである。その時代の約50年にヨーロッパで印刷されたものを、「インクナブラ」と呼ぶのだそうだ。

現代の「インクナブラ」

グーテンベルクの発明から100年後に起こったのは宗教改革でした。つまり、情報が多くの人に広まっていくと、人は必ず、「常識」、「真実」、「権威」を疑うようになります。それまで情報を持っていた人の権力が、一般の人に移っていくのです。ルネサンスも、印刷による情報の拡がりや蓄積によるものだと言えます。
インターネットは現代の「インクナブラ」です。今までアクセスできなかった情報に、みんながアクセスできるようになる。もう、元には戻りません。どんどん加速します。今まで閉じた世界で権力を独占していた人たちは、それでは困る。だから抵抗もあるでしょう。
けれど、これからはあなたたちの時代です。確実に世界は変わります。グローバルな世界で医師になり、自分だけの価値を出すには、ユニークな自分のキャリアをつくっていく必要があります。あなたたち一人ひとりの選択です。

グローバルな世界で生きていくために、黒川先生は「とにかく外に出ることが重要」だと、若者に説き続けている。

海外に出ること

私は特に、海外に出てみることをみなさんに勧めます。なぜ「海外」か。それは、グローバル世界の課題と自分の可能性に気づく機会が、飛躍的に増えるからです。
やりたいこと、目指したいロールモデルは、人によって違います。それを、日本の均一性の高い1億2千万人の中から探すのと、70 億人の中で探すのでは、出会える可能性が全く違います。海外に出たほうが、圧倒的にそのチャンスが増えるのです。
そして、頭で考えているだけでは賢くなれない。感覚を研ぎ澄ませて実体験をしない限り、本当の知恵は身につかないのです。実体験をもとにした自分の価値観を持ったとき、はじめて自分のやりたいことやキャリアの道がわかるようになるのです。
インドに行って実際に貧困を目の当たりにした途端、「これが自分のミッションだ」とピンときた若者を知っています。留学先で知り合ったケニア人の家に遊びに行ってみたら、貧しい村なのに本当に親切にしてくれて感動したという若者もいました。そういう気づきや感動があれば、「自分は何をしよう」ということが自然にわかってくる。それは心のときめきか、直感か。感動することは、人によって違います。「これだ」というものが見つかれば、自分のモチベーションや目標が定まってくる。いろんな障害があっても、目標があればどうにかやっていけます。これが私の一生の仕事だと思えるようになるのです。自分を見つけるためなら、思い切って「休学する」というのは、賢い選択です。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら