10年目のカルテ

地道な研究の積み重ねで先進的な分野を切り拓く

【神経内科】島田 斉医師
(放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター)-(後編)

研究は泥臭い

――具体的に、どのような研究をされているのでしょうか。

島:認知症の根本治療につながる研究です。これまで認知症は、原因が解明されていない難しい分野として、主に精神科の先生が最前線で向き合ってきました。しかし研究が進み、脳内に異常タンパクが蓄積し、神経伝達異常や炎症を介して神経細胞死が誘導される疾患だということがわかってきています。背景のメカニズムが明らかになるにつれて、進行を抑えたり予防したりするための働きかけができるようになってきました。そこで今度は、根本治療ができる薬を作ろうという研究が行われているのです。ただ、今までは創薬研究の過程で、生きている患者さんの脳の中を見ることはできませんでした。そこでイメージングという手法が役に立ちます。イメージングによって基礎的なデータを蓄積しておくことで、治療効果を客観的に評価しながら創薬ができるのです。

――その中でも、先生がイメージングをしているのは、タウという異常タンパクだと。

島:はい。近年まで、アミロイドβという物質が、認知症の原因として最多のアルツハイマー病の原因とする説が最有力でした。アミロイドが溜まって、その後にタウが溜まって、炎症が起き、脳神経の細胞死が起こるという仮説です。これに関しては、既にPETによるイメージングが進み、標的薬による治験も進んでいましたが、アルツハイマー病発症後にアミロイドを除去しても、病気の進行を止められないことがわかってきたのです。さらに言えば、アミロイドが溜まるのはアルツハイマー病とレビー小体型の一部だけで、それ以外のほとんどの認知症ではアミロイドはあまり溜まらない。けれどタウは様々な認知症で溜まっていて、神経障害に密接に関連しているというデータも出てきた。そうなると、タウはアミロイドと同等か、あるいはそれ以上に重要なファクターなのではないかと注目を浴びてきたんです。僕は、そのタウイメージングの研究の中でも、技術開発をするところではなく、ヒトの脳で技術評価を行うところに携わっています。ただヒトに投与するとなると、もちろん倫理的な課題もあります。難しいのですが、できるだけ効率よく事務的なことをクリアして、患者さんに研究協力を得て…というところを僕が担っています。

――とても先進的な分野ですね。

島:確かに、学会発表や論文だけを見ると臨床とは隔絶していると思われるかもしれないけれど、実際には泥臭いことをやっているんですよ。例えば20人の患者さんに研究に協力してもらうためには、60人くらいは診療しないといけないのです。外来で診て、研究の説明をして、同意を取って、研究所に来ていただく。画像撮影についても、機械の操作や一部のデータ処理は技師さんにお願いしますが、研究者が率先して介入しないとなかなかいい画像が撮れないので、自分で行っています。じっとしていてくれない認知症の患者さんをなだめたりする必要もありますし、市中病院の臨床にかなり近いことをやっていると思いますよ。そうやって得たデータを地道に解析して、最終的にできた綺麗なデータだけをみなさんの前に出しているのです。

今後のキャリア

――これからのキャリアプランはどんなものですか?

島:研究と臨床というスタイルは変わらないと思います。こういう研究所には、医学以外の分野で優秀な人がたくさんいます。彼らに言わせれば、二足のわらじなんて言っているのは甘いと思われるかもしれない。ただ、僕は医師として研究をしている以上、世の中の困っている患者さんをどうにかしたい。臨床をやっているから問題提起ができる研究と、研究をやっているから見える臨床の両方があるから、僕にはどっちが欠けてもダメだなと思っています。

島田 斉
2003年 千葉大学医学部卒業
2014年7月現在
放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター
主任研究員
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら