医学教育の展望
日本独自のエビデンスを作れる医師を育てる(前編)

本当に日本に必要な医療や医学教育を研究し、発信していく

医学教育はいま、大きな変化の渦の中にあります。臨床研修必修化はもちろん、医学研究の成果や新しい技術の開発に伴って学習内容は増加し、新しい取り組みがどんどん進んでいます。そんな医学教育の今後の展望について、最前線で取り組んでいる教育者を取り上げ、シリーズで紹介します。

近年の医学教育の大きな関心の一つに、「質の高い地域医療の担い手を育てる」というテーマがある。

地域医療の担い手を育てる難しさは、豊富な知識と高い技術を習得するだけでは不十分な所ではないだろうか。地域によって、文化も生活環境も医療資源も異なり、一つとして「同じ地域」はない。よって、地域の特性を理解し、「地域のかかりつけ医」として活躍できるようになるには、長い時間がかかると言われてきた。

今回は、そんな地域医療の質の高い担い手を短期間で養成する仕組み作りに取り組む、三重大学家庭医療学教室教授の竹村洋典先生にお話を伺った。

日本独自のエビデンス作りの重要性

三重大学の家庭医療学教室では、「地域医療における日本独自のエビデンス作り」を目標に掲げたフェロー向けプログラムを用意している。竹村先生が日本独自のエビデンスの重要性を痛感したのは、家庭医療学の国際的な学会で投げかけられた問いがきっかけだったという。

「マレーシアから来た家庭医療学の権威に、『君たちのやっていることは外国の受け売りだ。日本は独自の医療制度を持った健康長寿の国なのに、どうして外国の話ばかりするのか?日本の医療の話を聞けると思ったからここに来たのに』と言われて、衝撃を受けました。
私自身も米国で家庭医療を学びましたし、もちろん海外の成果も大いに参考にすべきですが、日本における地域医療・家庭医療の発展には、日本の地域医療にかかわるエビデンスを確立するための研究が不可欠だとそのとき気が付きました。」

そこで、臨床分野で後期研修まで終えた若手医師を対象に、研究のスキルとマインドを身につけるコースを立ち上げたのだ。

「『総合診療のためのPhDコース』では、臨床的な疫学、統計学のデータで地域医療学における日本独自のエビデンス確立のための研究を行います。疫学の教育は、方法論の教育になりがちですが、このコースは総合診療の臨床家たちが集まって疫学的な知識をもって議論を行い、出てきたリサーチ・クエスチョンを研究のプロトコルに落としていきます。講義はEラーニングやTV会議システムを活用していて、今まさに地域で頑張っている医師たちが参加できるようにしています。」

また、診療だけでなく教育についても、科学的なアプローチができる人材を育成するためのコースを作った。

「『アカデミックGP教育コース』では、地域で医学教育をする医師の教育・研修カリキュラムの開発と、それを運営・実施できる教員や指導者を育成します。日本の地域医療やそれを学ぶ学生の背景には、日本独自の文化や医療制度があります。だから、欧米の医療や医学教育を輸入するだけではなく、本当に日本に必要な医療や医学教育を研究し、発信していく必要があるでしょう。『アカデミックGP教育コース』は、日本の 医学教育の実験場と言えるかもしれません。海外の面白そうな医学教育の取り組みなども輸入してみて、効果がありそうならエビデンスを取る。逆に、日本で考えた医学教育を海外に発信するのも面白いかもしれません。そうやって他に波及できる形にしていくことを目指しています。」

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら