top

医学生ならば、やがては受けることになる国試。
試験問題の内容や対策方法は、学校や予備校の授業で教えてもらえるだろう。

けれど、国試は誰が関わってどうやって作られているのか、どんな経緯で今の制度に至ったのか、知っている人はどれだけいるだろうか。
試験対策も大事だけれど、ほんとうにそれだけでいいのだろうか。
将来医師として人前に出る人間として、「医学生」が「医師」になれるかどうかを決定づける国試が、なぜ今のような形で行われているのか、医学生にいったい何を求めているのか、一度腰を据えて考えてみてもいいのではないだろうか。

今回は、国試を制度的な面から見つめ直してみよう。

NEXT→医師養成における国家試験の位置付け

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら