医師養成における国家試験の位置付け(前編)

医師を育てる仕組みのなかで、医師国家試験はどのように位置付けられるのか見てみましょう。
(クリックで拡大)

医師養成の様々なステップ

医学生のみなさんにとって、医師国家試験は、学生生活の最後に立ちはだかる大きな壁のように思えるかもしれません。しかし、医師を養成する仕組みには、国家試験以外にも様々なステップが用意されています。このページでは、俯瞰的な視点から医師国家試験の位置付けを見てみましょう。
医学部入試に合格して医学生になると、基本的に大学が設計したカリキュラムに沿って教育を受けることになります。各大学は、文部科学省が医学部で履修すべき教育内容を示した「医学教育モデル・コア・カリキュラム」を参考にすることになっていますが、具体的な授業科目の設定や履修の順序は、大学の裁量に委ねられています。

モデル・コア・カリキュラム(コアカリ)

医学部のカリキュラムは各大学が独自に設計しますが、文部科学省が公表している医学教育モデル・コア・カリキュラムに、医学部卒業時までに身につけておくべき知識・技能・態度の目標がまとめられています。各大学は、カリキュラムのうちおよそ3分の2をこのモデル・コア・カリキュラムの履修にあて、残り3分の1は大学独自にカリキュラムを開発することになっています。

共用試験

さて、主に5・6年次に実施される臨床実習に参加するために、医学生は共用試験に合格する必要があります。共用試験は、コンピューターで知識を問うCBT(Computer Based Testing)と、模擬患者等の協力によって技能・態度を評価するOSCE(Objective Structured Clinical Examination)から成ります。共用試験は各大学が独自に実施しており、問題・課題は共通のものを利用しているものの、合格基準は大学により異なります。現在その標準化に向け、議論が行われているところです。

 

共用試験(CBT・OSCE)

臨床実習の開始前には、実習に必要な知識・技能・態度が学生に備わっているかどうかを評価するため、各大学で共用試験(CBT・OSCE)が行われます。CBTは解剖学・生理学・内科や外科の各論などの知識を評価する多肢選択式の試験で、コンピューターを用いて行います。問題数は320問で、受験生ごとに異なる設問が出題される仕組みになっています。OSCEは、技能と態度を評価する実技試験です。受験生は、模擬患者・必要な用具・機器等が用意されたステーション(試験室)を複数廻り、患者さんへの配慮や診療技能について評価を受けることになっています。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら