医学生×法科大学院生 同世代のリアリティー

法律の世界 編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。今回は「法律の世界」をテーマに、法科大学院で学び将来の法曹職を目指す3名(法A・B・C)と、医学生3名(医D・E・F)の6名で座談会を行いました。

今回のテーマは「法律の世界」

テレビドラマで弁護士など法曹職の仕事を見たことがあると思います。法律を通して紛争を解決し社会秩序を守る彼らは、実際にはどんな人たちなのでしょうか。

法曹三職って、何をする仕事?

医D:医学生、特に医療系学部だけの大学の医学生は、文系の学生と接する機会が少ないので、お話しするのを楽しみにして来ました。まずは3人がどういう方か、教えていただけますか?

法A:僕は大学の法学部を卒業して、今は法科大学院の2年です。将来は弁護士を志望している、比較的スタンダードな法科大学院生なのかなと思います。

法B:私も弁護士志望ですが、難民支援や紛争解決に興味があるので、将来はNGOなどで働くことを考えています。

法C:僕は元々理系で工学部を卒業した後に法科大学院へ進学しました。理系出身というバックグラウンドを活かした進路に進みたいと考えています。

医E:法学部って法律を暗記するというイメージがありますが、何を勉強する所なんですか?

法A:誤解があると思うんですが、法律家は顧客の前で六法全書を使って法令を調べられるので、法律そのものを覚えることはあまり重要じゃないんです。ただ六法には最小限の事項しか書かれていないので、大学ではむしろその六法をどう読めばいいのか、条文をどう解釈すればいいのかを学びます。

医F:イメージと実際の姿は違うものですね。法学部の学生はどういう進路を選ぶのですか?

法B:大学入学時には、多くの学生が司法試験を受験して弁護士などの法曹職に就くことを目指していますが、紆余曲折を経て、その道へ進むのは一部です。残りは公務員になったり、民間企業へ就職することも多いです。私たちが所属している法科大学院というのは、2004年から全国の大学に設置された新しい大学院です。学生はここで専門的知識と実務について学び、司法試験の合格を目指します。

法C:法科大学院は、法学部出身者はもちろん、他学部出身者や社会人経験者にも門戸が開かれています。学生のおよそ2割は社会人経験者や僕のような他学部出身者です。社会人経験のある人は仕事を辞めて入学して来るので、その決意とやる気たるや、凄いものがあります。

医D:なるほど。では法科大学院を卒業した人は、どんな過程を経て法曹職に就くんですか?

法A:大学院を卒業すると、5月に司法試験を受けることになります。9月に試験の合格発表があり、見事合格した人は12月から1年間、司法修習生という、医師にとっての研修医と同じような身分になります。司法修習が終わると、多くの人は法曹三職と呼ばれる弁護士・検察官・裁判官の3つの職種に就き、それぞれの職場で働き始めます。

医E:弁護士については何となくイメージがあるのですが、それぞれどんな仕事なんですか?

法B:弁護士と聞くと、裁判で被告人の弁護をするイメージがあると思うんですが、実はそういう刑事弁護はあまりお金にならないので、専門にしている人はかなり少ないんです。弁護士の仕事の主なフィールドは、離婚や遺産相続などの民事弁護や企業の顧問弁護などです。

法C:弁護士は民間の職種ですが、残る検察官と裁判官は公務員です。検察官というのは、警察が捜査を行った刑事事件について裁判を起こすかどうかを決め、裁判では被告人が犯罪を行ったことなどを証明します。警察と関わることも多く、また縦社会であるため、体育会系の人が向いていると言われます。一方裁判官は、法曹職のなかでもエリートと言われます。裁判のなかで訴訟を起こした原告と相手方である被告の主張を冷静に聞いて、証拠などにもとづいて論理的に判決を下さなければなりませんし、大量の文献や資料を読んで、自らも大量の文章を書かなければなりません。裁判官の判決には国を動かす力があるので、その責任は重大です。

同世代


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら