10年目のカルテ

生まれ育った地で、
地域に求められることをやっていく

【精神神経科】兼子 義彦医師
(秋田県立リハビリテーション・精神医療センター)-(前編)

卒後すぐ、精神科へ

兼子先生

――先生は医学部を出て、すぐに精神科の医局に入られたんですか?

兼子(以下、兼):はい。私は秋田県出身で秋田大学を出て、そのまま秋田大学の精神科に進みました。研修の後に市中病院でローテート研修をさせていただこうと思っていたのですが、受け入れ先の都合でキャンセルになり、結局他の科を経験することなく今に至ります。

――大学病院での研修後、どのような経験をされましたか?

兼:最初に赴任した中通総合病院では主に外来を担当していました。また、他の診療科に入院されている患者さんの精神的なケアに関わることも多かったです。グループ病院である中通リハビリテーション病院への回診も行っていました。リハビリテーション科の先生方は、私たち精神科医の存在をとても大事に考えて下さって、胃ろうの造設や中心静脈栄養のカテーテル挿入なども「やってみるか」と声をかけて下さいました。ローテート研修ができなかった自分にとって、ここで基本的な手技を経験できたのは大きな経験だったと思います。

――リハビリテーション科の患者さんで精神科が関わるケースというのはどのような場合なのでしょうか。

兼:リハビリテーション病院に入院するのは主に神経内科・脳神経外科・整形外科の急性期から移ってきた患者さんなのですが、精神科は脳血管障害を経た患者さんに関わる場合が多いです。脳血管障害そのものが精神面に与える影響が少ない場合でも、後遺症を受け容れるのに苦労する方は多く、障害受容が大きな課題になります。抑うつ症状が出る場合もありますので、そうしたケースを精神科でカバーするという形です。

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら