10年目のカルテ

間接的な支援で、より多くの人を助けたい

【精神神経科】
大江 美佐里医師(久留米大学医学部神経精神医学講座)-(前編)

臨床・教育・研究に従事

柳田先生

――先生は大学病院で、臨床だけでなく後輩の指導や研究にも携わっているそうですね。

大江(以下、大):はい。臨床・教育・研究の全てに携わっています。週に2.5日は患者さんの診療を行い、1.5日は大学の保健管理室で、学生と大学教職員のメンタルヘルスのケアを担っています。保健管理室では、主に大学病院で働く看護師の話を聞くことが多いですね。そして、その他の時間で大学の講義を担当したり、自身の研究を進めたりしています。カウンセリングセンター長も兼務しており、非常勤の臨床心理士20名の管理業務を行っています。

――かなり幅広い業務を行っているんですね。病棟で指導医も4年経験されているとのことですが、精神科の専門性とはどのようなもので、どうやって高めていくのでしょうか。

大:精神科の診療では、脳波や採血などの検査結果を参考にしながら、診察中の対話を通して疾患を診断し、治療の方針を立てられるようにならなければなりません。臨床研修では、研修医は患者さんに同意を得た上で指導医と一緒に面接に入り、指導医の対話を見てその方法論を学びます。面接が終わった後には控室で振り返りをします。最初はどうしても話す内容にばかり気を取られてしまいますが、患者さんの話や思考のパターンを考えながら話を聞くよう指導しています。患者さんに拒否感を与えず、自ら話したいと思えるような関係を築くことが大切です。難しいですが、そうした信頼関係の構築が精神科の診療の醍醐味でもありますね。

(クリックで拡大) 1week

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら