周囲の理解と支援があれば、医師・母・妻を両立できる~小児科医 大津 定子先生~(前編)

大津先生

今回は、自身も3人の子育てを経験された小児科医として、被災地の小児保健の再興に尽力され、地域の児童や親たちに温かいまなざしを向ける大津定子先生にお話を伺いました。

医師会長代行として震災対応

保坂(以下、保):大津先生は、先の東日本大震災において、気仙医師会の会長代行および岩手県医師会役員として、復興に尽力されました。

大津(以下、大):実は私は発災時、骨折の治療中で、車椅子の生活を送っていました。あのときの私は医師というよりただの老婆で、何もできなかったんです。発災から2週間ぐらい経って、ようやく地域一帯の安否が確認できたのですが、会長・副会長は亡くなり、総務部長も自宅が全壊して仙台で療養中だとわかりました。混乱の中、同じく副会長だった私が会長代行を務めるしかなかったのです。事務的なことも全てやらなければならず、とにかく必死でした。

保:地域医療の再興を図る上では、DMATやJMATなどの支援団体、医師会や自治体など、それぞれができることをつないでいく必要があります。この「つなぐ」というのは機械的なシステムではなく、人と人との関係でできることですから、基点となった大津先生の存在は大きかったですね。

大:仮設診療所を建てる際も、プレハブが逼迫していました。保坂先生のご尽力で、避暑地の別荘などに使われるトレーラーハウスの寄付が実現したことは、復興への大きな一歩になりました。トレーラーハウスは、今も高田診療所の心療内科・眼科として使われています。

保:また大津先生は小児科医として、被災地の小児保健の再興にも力を尽くされていますね。

大:ええ。震災のような緊急の場合、まずは命が優先されますから、乳幼児健診や学校健診はどうしても後回しになっていました。沿岸部ではこれまで学校医を担当していた医師が診療を再開できない状況だったため、陸前高田・大船渡地区に小児科医を派遣いただけないかとお願いしたところ、日本小児科学会と日本小児科医会という2つの団体が協力して、中長期的に医師を派遣して下さることになりました。息の長い支援をお願いできたのは有り難かったです。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら