医学教育の展望
人生経験を医療・医学に活かせる仕組みを作る
(前編)

学生たちが相互に学び合える環境を

医学教育はいま、大きな変化の渦の中にあります。臨床研修必修化はもちろん、医学研究の成果や新しい技術の開発に伴って学習内容は増加し、新しい取り組みがどんどん進んでいます。そんな医学教育の今後の展望について、最前線で取り組んでいる教育者を取り上げ、シリーズで紹介します。

他者の人生に深く関わり、大きな影響を与える立場にある医師には、学力だけではなく幅広い視野が求められる。読者のみなさんの多くも、医学部入試において小論文や面接などで、学力以外の適性を問われた経験があるだろう。

閉じられたコミュニティで6年間を過ごすため視野が狭くなりがちと言われる医学部に、多様な人材を確保するべく実施されているのが学士編入学制度だ。

学士編入学制度は、一度大学を卒業し、学士号を取得した人が、試験に合格することで、他の大学の2年次・3年次に入学できる制度だ。現在、国立大学と私立大学を合わせて35を超える医学部がこの制度を実施している。

わが国において医学部学士編入学制度は1970年代に始まり、1990年代の後半から急速に広がってきた。その中で、東海大学医学部は比較的早い時期の1988年から学士編入学枠を設けている。

今回は、東海大学医学部長の今井裕先生に、東海大学医学部における学士編入学の歴史や、そのねらいを伺った。

アメリカのメディカルスクールを参考に

日本では、高校卒業後すぐに医学部に進学するのが一般的だが、アメリカでは4年制の大学で学士号を取得してからメディカルスクールに入学する。東海大学の学士編入学制度は、これを意識したものだという。

「東海大学医学部は、1988年にハーバード大学のメディカルスクールを参考にした独自のカリキュラムを作りました。その際に視察に行った先生方は、目的意識が強く、医学以外の分野の知識が豊富で、より人間的に成熟したアメリカの学生たちのレベルの高さに感銘を受けたそうです。

その経験から、様々な経歴を持った人の人生経験を医学・医療に活かせる仕組みを作ることで、日本全体の医学・医療がより良くなれば、と思うようになり、日本の教育制度に合わせた仕組みを作ったのが私たちの学士編入学制度の始まりです。」

間口を広げて、多種多様な人材を獲得

2015年現在、東海大学医学部は他大学より比較的多い20人の学士編入学生を募集している。また、理系出身者に限らず、様々な経歴を持った学生に受験の機会を与えている(図)。

図

「学士はもちろん、大学在学中・短期大学卒業・高専修了者・専門学校修了者まで広く門戸を開いています。さらに、年齢制限の撤廃、文理系を問わない編入学試験(表)という新たな枠組みづくりにも積極的に取り組んできました。

表

医師の学びとは、いわゆる理系の分野の学問だけできれば良いというものではありません。総合的な学問として、人間性や人生経験などもやはり必要なのです。入試の際に問われる能力も、多様でいいのではないかと考えています。例えば、第一次試験で課している適性試験では、数学的思考を問うような問題から倫理や社会問題など、幅広い分野を問うようにしています。」

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら