グローバルに活躍する若手医師たち(前編)

日本医師会の若手医師支援

Junior Doctors Network(JDN)は、2011年4月の世界医師会(WMA)理事会で若手医師(卒後臨床研修医で専門医研修未修の医師)の国際的組織として承認されました。JDNは、世界中の若手医師が情報や経験を共有し、未来の医療を考えて行動するための画期的なプラットフォームとなりつつあります。日本医師会(JMA)は2012年10月に国際保健検討委員会の下にJMA-JDNを立ち上げました。これまで若手医師の集まりは学会や医局、地域、NGOなどの枠組みの中でつくられてきました。JMA-JDN は、多様な若手医師がそれらの枠組みを超えて、公衆衛生や医療分野において自由に自分たちのアイデアを議論し行動できる場を提供したいと考えています。関心のある方は検索サイトやFacebookで「JMA-JDN」と検索してみて下さい。

今回は、WMA総会やアジア大洋州医師会連合(CMAAO)総会に参加したJMA-JDNの3名から感想を寄せてもらいました。

若手医師が医療を強くする

日本医師会JDN 代表 阿部 計大

皆様の理想の医師像とは、どのようなものでしょうか?

阿部先生私は学生時代に国際医学生連盟(IFMSA)を中心に世界中の医学生たちと仕事をする機会をもちました。その際に積んだ多くの貴重な経験から、自分は常に幅広い視野をもった医療人でありたいと願うようになりました。私の周りには同様の志向をもつ大学やIFMSAの友人も多くいました。おそらく皆様の中にも共感してくださる方もおられると思います。

しかし、大学を卒業して医師になると、多くの方は現実と理想のギャップに悩みます。臨床研修医は目の前の実務に追われ、自分が教わっていることが本当に正しいのかどうかを振り返る時間すらありません。また、後期研修医や指導医になっても、新たな仕事を任されて大忙しなのです。そうしている間に学生時代に描いていた理想は消え、現実一色に塗りつぶされてしまいます。

2007年に大阪で開かれたIFMSA Asia - Pacific Regional Meetingで、当時のIFMSA代表とニュージーランド代表が卒業後の進路について雑談をするなかで、医師になった後にグローバルな活動を支援する母体がほしいという、漠然としたアイデアが生まれました。それがJunior Doctors Networkというプラットフォーム創造につながっています。

医師になると確かに忙しいですが、Facebookに代表されるSNSのように、手軽に日本全国・世界中の若手医師とつながれる土台があればどうでしょう?何かができそうでワクワクしませんか?ボーダレスなこの時代に既存の学会や医局、専門科、国や地域などにとらわれることなく自由闊達にアイデアを出し合い、議論し、実行できる場がJDNです。グローバル化した世界では、日本の一地域で起きている問題は世界全体の問題でもあり、世界で起きている問題は地域の問題でもあります。すべてはリンクしているのです。

私は昨年10月に南アフリカ共和国で開かれた世界医師会総会で、JDN会議に参加しました。そこで世界医師会長のDr. Margaret Munghereraが、「若手医師はコミュニケーションやIT等の強みを駆使して、 21世紀の新しい医療の形をリードしていくべく、力強くあらねばならない。」と仰っていたことが印象に残っています。またアメリカ医師会の次期会長には42歳の若いリーダーが選ばれました。

このような潮流の中で、学生時代に培った感覚を失わず、医師になってからも引き続きこのグローバル化した世界を楽しみながら、世界の若手医師と共により良い医療を創っていきたいと願っています。

阿部 計大
手稲渓仁会病院 手稲家庭医療クリニック 
家庭医療科 後期研修医

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら