地域包括ケアを支える取り組み SCENE04
医療・介護従事者をつなぐ(山形県鶴岡市)(前編)

医療機関や介護施設が連携して、一体的にサービスを提供できるよう、山形県鶴岡地区医師会が行っている取り組みを紹介します。

医療・介護従事者の相談を受け付ける

ここまでの話から、医学生のみなさんには、地域包括ケアを提供するためには様々な仕組みが必要であるとご理解いただけたと思います。では、みなさんが将来、地域の医療機関で働くことになったり、開業したとしたら、どのように対応しますか? 

目の前の患者さんには様々なケアが必要だとわかったとして、ケアを提供する体制を整えるためには、どの機関・施設と連携していったら良いのでしょうか。

大きな病院であれば、先に述べたように地域医療連携室などがあるかもしれませんが、中小病院や診療所などでは、専門の部門がないことも多くあります。こうした課題にうまく取り組んだのが、山形県鶴岡市にある地域医療連携室「ほたる」です。「ほたる」は鶴岡地区医師会内に設置されており、地域の医療機関・介護施設の連携をサポートする役割を果たしています。

地域には様々な医療機関や介護事業所が存在しています。しかし、それぞれの機関は目の前の患者・利用者のケアに精一杯で、なかなか他施設の持つ機能までは把握しきれません。そこで「ほたる」は、地域を俯瞰し、地域のほぼ全ての医療機関・介護事業所についての情報を集約したのです。「目の前の患者・利用者に必要なケアを提供したいが、どこに頼んでいいかわからない」という医療・介護従事者からの相談を受けて、適切な機関や事業所につなぐハブのような機能を担っています。

こうした医療・介護従事者からの相談を受ける窓口を担うのは、地域の医療資源を把握できる地域医師会が良いのではないかと、日本医師会は考えています。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら