地域包括ケアを支える取り組み SCENE01
高齢者や家族を支える(東京都板橋区)(前編)

高齢者が地域で暮らし続けるためのサポートの事例として、東京都板橋区における取り組みを紹介します。

高齢者の相談を総合的に受け付ける

高齢者が、疾患や障害を持ちながらも自宅で暮らしたいと思ったとき、どのような支援が必要となるでしょうか。多くの高齢者は、在宅医療を受けたい、介護サービスを利用したいと思っても、どうしたらいいのかわからないでしょう。地域包括ケアを実現するためには、まずは高齢者が気軽に相談できる窓口が必要です。そして相談を受けた窓口は、在宅療養ができるようにするための環境を整えたり、必要な介護サービスが提供されるようにしたり、介護予防の取り組みを行う地域団体を紹介したりする役割を担う必要があります。

東京都板橋区には、地域包括ケアを推進する代表的な2つの窓口があります。1つ目は板橋区医師会在宅医療センターで、医師会内に設置されています。医療に関する相談を一手に引き受ける療養相談室を開設しており、例えば地域住民から、「がん末期の親が在宅での療養を希望しているが、どうしたらいいか」という相談を受けたら、看取りまで担うことのできる医療機関や訪問看護ステーションに依頼し、療養のための環境を整えます。

2つ目は、板橋区おとしより保健福祉センターです。こちらは区の施設で、介護や生活支援・介護予防についての相談を受けています。親が認知症だが、介護する子が精神障害を抱えているといった、介護サービスだけでは支援できない困難事例に対応するなどしています。

これら2つの窓口が、互いに連携しながら、高齢者からの相談を、医療、介護、生活支援・介護予防を担う各機関へとつないでいく役割を担っているのです。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら