地域包括ケアを支える取り組み SCENE03
在宅医療を支える(福岡県宗像市)(前編)

医師に必要以上の負担がかかることなく、在宅医療を継続して提供するための取り組みとして、福岡県にある宗像医師会の取り組みを紹介します。

自宅のベッドを病室にする

地域包括ケアシステムには、「最期のときを自宅で過ごしたい」という要望に応える仕組みも求められます。しかし、終末期には痛みや呼吸などに関して医療的な管理が必要なため、設備や人員が整わない自宅で最期を迎えるには、そのための体制を整えなければなりません。ここでは、在宅看取りの体制整備が進んでいる、福岡県宗像地区の事例を紹介します。

病院と違って当直体制のない在宅医療では、かかりつけ医に24時間対応が求められがちです。その負担ゆえか、宗像地区も在宅医療を担う医師が足りないという問題を抱えていました。そこで宗像医師会では、こうした医師のために連携などのバックアップ体制を構築しました。普段から在宅患者の診療情報を共有して夜間や不在時に代診できる仕組みを作り、緊急時に優先的に受け入れるベッドを医師会病院に整備しました。また、医師会立の訪問看護ステーションは24時間のオンコール体制を敷き、夜間は訪問看護師が初期対応し、必要に応じて医師に連絡するという体制を築いています。また、がん終末期の在宅緩和医療に対応できるよう、地域の薬剤師会と連携して、24時間いつでも訪問薬剤管理ができる体制も整備しました。

これからは、地域全体がひとつの病院のように機能し、自宅のベッドが病室となって必要な医療を受けながら暮らすような仕組みが求められます。そのために、かかりつけ医・訪問看護師・薬剤師・病院勤務医などが、互いに情報を共有し支え合って在宅医療の体制を整えるという形も、地域包括ケアの一つのありかたなのです。

 

訪問看護師とは

疾患や障害がある方が住み慣れた地域や家で暮らせるよう、一人ひとりの住まいに訪問して看護をします。患者さんとその家族に対して、身体面だけでなく精神面のサポートも行います。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら