医学生 × 地方公務員 同世代のリアリティー

自治体で働く 編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。今回は「自治体で働く」をテーマに、市の職員として働く社会人2名(社A・B)と、医学生3名(医C・D・E)の5名で座談会を行いました。

今回のテーマは「自治体で働く」

日頃は目立たないですが、私たちが安心して暮らすために、地方公務員は様々な場面で私たちの生活を支えてくれています。縁の下の力持ちである地方公務員の仕事を覗いてみましょう。

公務員になるにはどうしたらいいの?

医C:お2人とも市の職員とのことですが、公務員になろうと思ったきっかけは何ですか?

社A:私は大学で社会学系の学部へ行きました。そこで町づくりに関する授業を受けて面白いと思い、大学2年生の頃から公務員を志すようになりました。結婚や出産などでライフスタイルが変わっても働きやすいとうのも魅力だと感じました。

社B:私は小さい頃から警察官に憧れていました。大学進学も考えましたが、結局公務員になるのなら早い方がいいと思い、高卒で公務員になることを決めました。その頃には市政にも関心が出ていたため、市の採用を受けることにしました。

医D:公務員になるためにはどのような道をたどるのですか?

社A:高卒でも大卒でも、予備校へ通うのが一般的です。私は大学2年生の頃から予備校に通い始めました。大学3年生になると多くの学生は就職活動を始めるのですが、私は就活と平行して公務員試験の勉強も続けて、結果的に市の職員になりました。

医D:公務員試験ってどういう内容なんですか?

社B:自治体や職種によってかなり異なります。行政職と呼ばれる一番採用の多い職種だと、国数社理英の基本的な内容に加え、法律や経済などの専門的な内容が問われることもあります。競争倍率がかなり高く、10倍を超える自治体も多いですね。

公務員ってどんな仕事をしているの?

医E:お2人は具体的にどんな仕事をしているのですか?

社A:私は教育委員会で働いています。教育委員会という名前は聞いたことがあると思いますが、具体的に何をしているかは分からないのではないでしょうか。私の担当は生涯学習で、芸術鑑賞やレクリエーションなどを通じて市民がいきいき生活できるよう、イベントの企画・運営を行っています。身近な行事では成人式や、公民館などで行う市民講座が挙げられます。

社B:私は保健所に所属しています。1年目は医師免許や臨床検査技師免許など各種免許の申請受付や籍訂正を担当していました。今の業務は主に2つあって、1つは医療費助成事務です。これは難病申請や感染症の届けを受け付けたり、書類に不備がないかを調べたりする仕事です。もう1つは予防接種関連の事務ですね。予診表を審査して、接種が適正に行われているかをチェックしています。

医C:公務員の働き方は一般企業の会社員とどう違いますか?

社A:公務員は異動が多いのが特徴ですね。3~4年ごとに別の部署や施設に移ることになります。私はいま教育委員会で働いていますが、今後市役所勤務になったり上下水道局などに移る可能性もあります。業務内容が大きく変わるので、異動と言うよりもむしろ転職に近いかもしれません。ですから公務員は医師と違って、一つのことに生涯取り組んでスペシャリストになるというより、様々な業務を経験してジェネラリストになっていくという感じです。

医D:確かに医者はスペシャリストだというイメージがあるかもしれません。けれど最近は、どんな分野の患者さんも診られる医師を目指す人も多いんですよ。色んな部署を行き来するとなると、昇進などはどのような形で行われるのですか?

社B:30代で係長試験を受けられるようになるなど、基本的には年次に応じて昇進していきます。給料も年次で決まる部分が大きいので、同期のお財布事情は大体分かりますね(笑)。民間の企業に比べると、年功序列が残っていると言えますね。

同世代


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら