医学教育の展望
地域と共に医師を育てる仕組みを作る(前編)

これからの医師に必要なのは地域づくりのプロデュース

医学教育はいま、大きな変化の渦の中にあります。臨床研修必修化はもちろん、医学研究の成果や新しい技術の開発に伴って学習内容は増加し、新しい取り組みがどんどん進んでいます。そんな医学教育の今後の展望について、最前線で取り組んでいる教育者を取り上げ、シリーズで紹介します。

みなさんのなかには、地域医療実習を経験した人もいるだろう。近年の医学教育では、地域で活躍する医師を育てることに重点が置かれている。今回は医学部の全学年で地域包括ケアについて学ぶ教育プログラムを展開している、長崎大学地域包括ケア教育センター長の永田康浩先生にお話を伺った。

地域に求められる医師を育てる

2004年に臨床研修が必修化されるのに伴い、医局が中心となって地域医療を担う医師を育てる枠組みから、大学全体で地域に求められる医師を養成する枠組みへの転換が求められるようになった。

「当時私は長崎大学病院で臨床研修センターの副センター長を務めていました。地域に求められる医師を育てるというテーマに取り組むにあたり、私たちが拠り所にしたのが離島医療実習の経験でした。長崎県は有人離島が全国で最も多く、本学は離島医療実習に力を入れてきました。離島といってもその規模や環境は様々です。離島実習では複数の島の医療拠点となる病院の見学も行いますし、診療所しかない離島で訪問診療にも同行します。学生は実習を通して多職種への理解を深め、また離島で暮らす人たちが何を考え、どのような問題を抱えているのかを知ります。離島はまさに、地域が求める医師を育てる絶好の場だったのです。

離島で実践されるような、多職種連携の理解や生活者の視点を統合した営みを『地域包括ケア』と名付けた*山口昇先生は、実は本学の出身で、私の先輩でもあります。山口先生は、在宅の患者さんの寝たきりを防ぐために『医療の出前』を行ったり、院内に福祉担当の行政職員を配置したりと、先進的な取り組みをされました。私は山口先生から、行政や介護などの専門分野を巻き込んだ、より広範なケアを地域で展開していかなければならないと学びました。そしてその考え方は医学教育にも応用できると考え、地域に求められる医師を地域に育ててもらう仕組みを作ることにしたのです。」

* 公立みつぎ総合病院の山口昇先生は1970年代から保健・医療・福祉を統合したケアを提唱した。

地域と共に医師を育てる

長崎大学では2014年度から地域包括ケア実習が始まった。5年次には臨床実習の一環として、地域包括ケアの核である訪問看護ステーションと地域包括支援センターで実習を行う。6年次には1か月に渡って在宅ケアの現場に同行し、緩和や看取りを経験できるプログラムも用意されている。

公衆衛生の授業で地域医療や地域保健の知識を得るだけでなく、実際に地域包括ケアの現場へ参加することはもちろん有意義だ。しかし現場は多忙を極め、また受け入れ先の専門職が必ずしも教育的な観点を持って関わる訳ではない。そうした状況で、実習が見学に終始してしまうことはないのだろうか。

「たしかに、学生をただ実習先に送り込んでしまっては、見学だけになりかねません。受け入れには現場の負担を伴うため、実習内容を充実させるためにも、受け入れ先との調整が重要です。そこで本学では長崎市や長崎市医師会に実習への協力を依頼し、両機関に社会福祉士や保健師の資格をもつ連携調整員というスタッフを配置することにしました。連携調整員は受け入れ先の状況を把握しながら実習スケジュールを決め、また学生の学びたい内容とその施設で体験できることがマッチするように調整する役割も担います。」

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら