10年目のカルテ

EBMの実践が当たり前という文化を作りたい

【耳鼻咽喉科・頭頸部外科】有泉 陽介医師
(青梅市立総合病院)-(前編)

頭頸部外科の特色

山田先生

――耳鼻咽喉科・頭頸部外科に進むことを決めたのは、どうしてだったのでしょうか。

有泉(以下、有):学生時代に頭頸部外科の手術のダイナミックさに出会ったことがきっかけです。頭頸部の進行がんに関する講義で、術中に顔面の構造を大きく摘出した写真と、術後にそれがすっかり元通りになっている写真を目にして、衝撃を受けたんです。手先を動かすのが好きだったことや、当時の医局の活発な雰囲気に惹かれたこともあり、入局を決めました。

――実際に働き始めていかがでしたか。

有:入局してから知ったのですが、実は頭頸部がんの治療においては、放射線治療や化学療法も手術と同じくらい発達しています。手術でなくとも、がんの根治が可能なんです。逆に言えば、「外科」とはいえ、放射線治療や化学療法についても、幅広い知識・技能が必要とされるのが、当科の特徴だと思います。

一つの症例から多くを学ぶ

――働いているなかで、苦労したことはありましたか。

有:2~3年目に赴任した病院では一般耳鼻科の基本的な手術を主に経験しました。10年ほど閉まっていた耳鼻咽喉科を当時の科長と再開したのですが、経験できる症例数が少ないのが悩みでした。どうにか実力をつける方法はないだろうかと模索して、手術記録をとにかく丁寧に書くようにしました。他の人の倍くらい時間をかけて、手術の場面を思い浮かべながら、じっくり振り返るんです。そうすると、手術の記憶が、頭にしっかり刻み込まれます。こういう時にはこういうことに注意するべきだ、といった無意識の感覚を、少しずつ身につけていくことができました。

――一つひとつの症例から、学べることは残らず学ぼうといった気概ですね。

有:そうですね。若い医師は、手術の腕前では、経験豊富な医師には敵いません。患者さんとしてみれば、若い医師よりもベテランの医師に手術して欲しいと思うのが普通だと思います。けれど、若手が技術を身につけるためには、実際の症例にあたるしかない。だから手術を任せてくれる患者さんの気持ちに応えるため、若手医師は一人ひとりの患者さんから、少しでも多くのことを学びとる義務があるのだと思います。私は後輩にも、経験した症例はすべて徹底的に復習するように伝えています。

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら