10年目のカルテ

人の暮らしの「当たり前」を支える

【耳鼻咽喉科・頭頸部外科】宮里 麻鈴医師 
(広島大学病院)-(前編)

狭い範囲を幅広く診る

宮里先生

――大学病院の耳鼻咽喉科の診療内容は、どのようなものなのでしょうか。

宮里(以下、宮):耳鼻咽喉科・頭頸部外科の守備範囲は、甲状腺から上、脳の下までと言えると思います。狭い範囲のようですが、耳・鼻・舌などの感覚器や、口腔・咽頭・喉頭、甲状腺や耳下腺、顎下腺など、様々な器官が含まれています。広島県には大学病院がいくつもあるわけではないので、当院には様々な症状の患者さんがいらっしゃいます。その中で、がんの患者さんは頭頸部外科の医師が担当しており、私は主に、耳・鼻・咽喉の診療を行っています。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などで手術を必要とする患者さんから、鼻血やめまいで来られる方、喉に魚の骨が刺さったという方まで、幅広く診ることが求められます。

――耳鼻咽喉科を選んだきっかけは何だったのでしょうか。

宮:もともと外科に進みたかったんです。血糖値や心電図といったデータを眺めるよりも、目に見えて手で触れるものの方が、イメージがわきやすいと思っていました。手術室に出入りする、いわゆる「お医者さん」のイメージに憧れていたところもあったのかもしれません。

学生時代の前半は、外科系の中でどこに進むかまでイメージしてはいませんでした。ポリクリでいろいろな科を回るなかで、忙しすぎないけれど手術がしっかりできそうなのは耳鼻咽喉科かなと思って、当科に入局を決めました。実際に入ってみると、長時間の手術もあってとても忙しいところだったのですが。

 

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら