日本医師会の取り組み
臨床研修医の医師会費無料化 (後編)

message 医師会組織強化検討委員会より 医学生のみなさんへ

医学生時代から積極的に交流を深めています

小山田 雍 秋田県医師会会長 医師会組織強化検討委員会委員長

小山田会長秋田県医師会では、医学生との交流が組織や活動への理解を深めると考え、次のような取り組みを行っています。医学生への講義では、身近な問題を取り上げながら医学生へ期待のメッセージを伝えています。大学の学園祭に参加し、物品、機器の支援もしています。スチューデントドクター認証式では5年次の推薦者に県医師会から奨学賞を授与します。新臨床研修医の歓迎会では、県知事、医学部長、附属病院・研修病院の院長や指導医が出席し、県・大学・医師会が一体となって地域医療の担い手への期待を表します。これらのことが、医師会入会の動機を高めると考えています。

 

若い世代と力を出し合って、課題を解決していきたい

近藤 邦夫 石川県医師会会長 医師会組織強化検討委員会副委員長

近藤会長日本では、毎年約8,500人の研修医が誕生しています。みなさんにはしっかり研鑽を積んでいただき、次の日本を支える医療人になることを心から願っています。今、日本は世界が経験したことのない、超少子高齢社会に突入しており、世界は、日本がいかにこの問題を乗り切るかを固唾を飲んで見守っています。 5年、10年後の世界は大きく変わっているかもしれません。英知を出し合ってこれらの課題を解決していきたい。医師会は、日本の医療を支え守っていくために、若いみなさんの力を必要としております。

 

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら