Cytokine:集まれ、医学生!(前編)

学生の進路選択や若手医師のキャリア形成を支援する地域の取り組みを紹介します。

【北海道】北海道地域医療体験実習の募集

北海道地域医師連携支援センター

北海道では、北海道内の地域医療に関心のある道内外の医学生の皆様を対象に、地域医療現場の体験実習を行っています。

ぜひこの機会に体験実習に参加して、北海道の地域医療とそれに携わっている医師の熱い思いに触れてください。

募集要項

●対象

卒後、北海道内の医療機関で地域医療に従事する意志のある道内外の医学生

●募集人員

10名程度(募集人員に達し次第、募集を終了します)

●募集・実施時期

参加学生の希望と受入医療機関の都合を調整して随時実施します。なお、離島での実習体験については1月末まで募集し3月に実施します。

●実習内容

参加学生の体験実習希望内容を踏まえ、受入医療機関と調整・決定します。受入医療機関についての詳細は、右記WEBをご参照ください。

●実施日程

1日から3日間程度で、参加学生と受入医療機関の意向をもとに調整します。

●費用負担

1.北海道の旅費規程に基づき、参加学生の道内移動にかかる交通費(道外の場合:実習施設最寄りの空港と施設の往復。道内の場合:自宅から施設の往復)、日当及び宿泊費を北海道が負担します。

2.実習期間中に加入していただく損害保険の保険料(1,000円程度)は参加学生の負担とします。

●問い合わせ・申し込み先

右記のメールアドレスに、住所・氏名・連絡先・大学名と「地域医療体験実習参加希望」を記載の上、送信してください。申込関係書類を送信又は郵送いたします。

※医師の方を対象とした地域医療視察・体験事業も行っておりますので、北海道の地域医療に興味のある医師の方も下記のメールアドレスにご連絡ください。

●担当・問い合わせ先

北海道地域医師連携支援センター

(北海道保健福祉部地域医療推進局 地域医療課医師確保推進グループ)

〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目

TEL:011-204-5214

E-Mail:hofuku.tiikiishi1[a]pref.hokkaido.lg.jp([a]を@に変えてください)

WEB:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/cis/ishikakuho/index2.htm

Facebook:「北海道地域医師連携支援センター」で検索してください。

【宮城】医学生修学資金貸付事業などの取り組み

宮城県医師育成機構

宮城県医師育成機構では、医学生修学資金貸付事業を実施しています。大学卒業後に宮城県内の自治体病院等で地域医療を担っていきたいと考える意欲的な医学生に向けた制度です。対象は東北大学に加え全国の医学部に在学する医学生で、返還の免除も可能です。

募集要項

●対象

東北大学枠:東北大学医学部医学科の3年次に在学する医学生

一般枠:全国の大学医学部または医学系大学に在学する医学生に、最大6年間修学資金の貸付を行います。

●貸付額

東北大学枠:月額10万円

一般枠:月額20万円

●貸付期間

東北大学枠:3~6年次の4年間

一般枠:最大6年間

●返還免除の条件

大学卒業後、貸付期間の2倍の期間のなかで、貸付期間と同じ期間、宮城県知事が指定する病院での勤務(臨床研修の期間を含む)

●詳細

WEB:http://www.pref.miyagi.jp/site/ishiikuseikikou/

●その他の支援事業

宮城県医師育成機構では、修学資金貸付事業以外でも様々な事業に取り組んでいます。毎年8月には医学生夏季セミナーを開催しており、医学生に地域医療の現場に触れてもらい、また医学生同士の交流を深めてもらっています。今年度の夏季セミナーは、東日本大震災による被害が大きかった沿岸部の気仙沼地域で、震災後初めて開催する予定です。

メルマガ「みやぎ医師.COM」では、機構構成員が「医師として忘れられない思い出」を執筆するほか、宮城県の病院や地域についての情報を配信しています。

これら以外にも、研修医・若手医師の支援など、大学卒業後実際に宮城県で働き始めた後も安心して地域医療に貢献できる体制づくりを行っています。医学部進学を検討している高校生、医学部に在籍する大学生のみなさん、住み良さに絶対の自信がある宮城県で、ぜひ医師として活躍してください。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら