医学生 × 一般学生 同世代のリアリティー

大学生のレンアイ事情 編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の学生との交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。今回は「大学生のレンアイ事情」をテーマに、他学部の学生3名(学生A・B・C)と、医学生3名(医学生D・E・F)の6名で座談会を行いました。

今回のテーマは「大学生のレンアイ事情」

他学部生のレンアイについて話を聞いてみると、医学部生とは事情が違う部分もあるようです。しかし、話を進めていくうちに両者の共通点も見えてきました。

社会人とのレンアイ

学A:僕は文学部の4年生です。今ケーキ屋の店長さんと付き合っています。

学B:僕は薬学部の4年生です。今まで大した経験はありませんが、リクラブというか就活で知り合った相手といい感じになったことがありました。

学C:私は今大学院の1年で、政治について勉強しています。留学している時は付き合っている人がいましたが、今付き合っている人はいないです。

医D:ケーキ屋の店長さんとはどこで知り合ったんですか?

学A:彼女が働いているデパ地下で、以前僕もアルバイトをしていて。閉店後に働いている人同士話したりしているうちに仲良くなって、付き合い始めました。

医F:学生でない人と付き合うと、学生同士で付き合う場合と比べて、価値観とか色々と違うと思うんですけど、何か感じることはありますか?

学A:彼女が平日休みなので、自分のスケジュールを合わせるようにしていますね。あと、実は彼女は年下なんです。同じ年齢の友達が大学に通って遊んだりしているなかで彼女は仕事をしているから、僕が立て続けに飲みに行ったりすることを、あまり良く思わないみたいなので、そういうところは気を遣っています。

生活リズムと立場の違い

学A:一時は同棲もしていたんですけど、解消しました。

医E:まだ付き合っているのに、なぜ解消したんですか?

学A:まず同棲のきっかけから話すと、彼女の昇進と異動が急に決まったんですね。それまで実家から通っていたけど、ヒラから店長になると仕事も大変になるし、実家から通うのも大変だったんです。本当に急に内示がでたから、家を探す時間もなかった。だから彼女が家を探すまでの間、自分が一人暮らしをしていた家で4か月くらい同棲しました。今は別々に住んでますけど、まだ付き合いは続けています。

医E:そのまま一緒に住み続けようとは思わなかったんですか?

学A:間取りの問題があって。うちは1Kだったから、学生と社会人の生活リズムの違いの影響がすごくて。彼女は仕事をしていて夜はきちんと寝たいだろうから、自分は暗い部屋でライトを付けて勉強していました。その後自分の勉強が終わって、今度は自分が寝て、できれば朝9時くらいまで休んでいたいと思う。でも彼女は朝5時に起きて準備しないと間に合わないから、ドサドサ動き始める。仕方ないことだったんですけど、ストレスになっちゃいましたね。一緒に暮らすうえでは、生活リズムが違うと大変なこともあると学びました。

医D:付き合う相手との立場の違いの影響ってありますよね。私は最近まで幼なじみと付き合っていたんですけど、彼は医学部志望で浪人していました。予備校探しとかアドバイスしたことがきっかけで付き合い始めて、最初は彼の受験を応援する感じでした。でも私と彼は別々の立場で、考え方も違ったんです。彼は予備校の授業時間があまり長くなくて、飲み会とかもないから私に会いたいって言ってくる。けど本当に勉強しないと医学部には受からないから、私はもっと真剣に勉強してほしいみたいなことを彼に言っていたら、二人の間が上手くいかなくなってきて。

あと、私自身試験期間には切羽詰まっちゃうんです。1つのことに集中しちゃう性格だから、通学の電車でも勉強したいし、連絡をとる時間も作れなかった。彼は浪人生特有の不安を抱えていたこともあって、連絡ができないことでどんどん不安が増してきちゃって。それをぶつけられて、私も今それどころじゃないと思っちゃったんですよね。

同世代


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら