10年目のカルテ

主治医とは違う立場から、広い視野で全身を診る

【放射線科】奥田 花江医師
(香川大学医学部附属病院)-(前編)

画像診断医とは?

奥田先生

――先生は、放射線科の中でもいわゆる「画像診断」を専門にしていらっしゃるんですね。

奥田(以下、奥):はい、放射線科は大きく診断と治療の2つの分野に分かれています。同じ医局で診断と治療を扱う大学もありますが、ここ香川大学では診断と治療それぞれの教室があり、私は放射線診断科に所属しています。とは言っても、私が入局した頃は同じグループだったので、私は治療部門も回ったことはあります。

――画像診断の魅力はどういうところにありますか?

奥::最近は内科や外科も専門がかなり細分化されて、一人の医師が診る範囲が狭く深くなってきていますよね。そういうなかで、画像診断は全身を診ることができるのが魅力です。

専門分化が進むなかで、私たちは主治医とは別の立場で、広い視野で全身を診る役割を担っていると考えています。分野の別なく全身を診るからこそ気付けることがあって、そこにはやりがいもあります。例えば内科の先生が原因不明の発熱に困っている時にも、PET検査を用いて全身を診ると、原因となる炎症がどこにあるのか、一目瞭然なことがあるんですよ。

――そんな放射線診断科に進むと決めたのはいつ頃でしたか?

奥:初期研修の2年目には入局を決めていました。放射線診断科は基本的には時間をかけていろいろなことを調べながら、じっくり考えるところが私に合っているのではと、学生の頃から感じていたんです。医師というと、患者さんを直接診る、そして瞬時の判断が求められるといったイメージがありましたが、凝り性の私にとって放射線診断科は、一人で画面の前で腰を据えて考えられるところが魅力的に映ったんです。

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら