10年目のカルテ

新しい技術が多い分野だから若手が活躍できる

【放射線科】永井 愛子医師 
(福井県済生会病院)-(前編)

どの臓器にも関われる

永井先生

――先生は、どうして放射線科を選んだのですか?

永井(以下、永):放射線科は、全身を診られるところが魅力的でした。放射線科が「全身を診る」イメージはないかもしれませんが、様々な科の医師からCTやMRIの読影や放射線治療について相談を受ける立場なので、どの臓器についても最低限のことは知っておかなければなりません。放射線という手段は決まっていますが、適用する部位は全身にわたるので、正常臓器はどうなっているか、画像を読んで判断する能力は必須です。「ジェネラルな知識を持ったスペシャリスト」という感じでしょうか。

また、とにかく手や身体を動かすというよりは、時間をかけてじっくり論理的に思考できるところも面白いと思いました。

――先生は、放射線科の中でも治療を専門にされています。

永:はい。臨床研修のときは診断か治療か迷っていたのですが、入局した頃、医局の教授が先進的な放射線治療を行っているのを見て、自分もそこに携わりたいと思うようになりました。次々に新しい技術や機械が出てくるので、若手でも論文を出しやすいですし、学会や研究発表も積極的に参加させてもらえる環境だったので、若いうちから活躍できると感じたのも決め手になりました。

 

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら