離れた地で、ともに医師として働き続ける
~神﨑 晋・寛子先生ご夫妻~(前編)

神﨑先生ご夫妻

今回は、離れた地に住まいながらも、ともに医師として働き続ける、神﨑晋・寛子先生ご夫妻にお話を伺いました。

研修を終え、仕事を中断

小栗(以下、小):今回は、ご夫妻で活躍されている医師として、岡山で皮膚科の開業医をされ、県医師会理事としても活躍されている神﨑寛子先生と、ご夫君であり鳥取大学小児科の教授である神﨑晋先生にお話を伺います。まず、同じ岡山出身ではあれ、出身大学も入局の年次も離れていらっしゃるお二人の出会いからお聞かせください。

神﨑晋(以下、晋):私の父親と彼女の父親が同級生で医師同士のため、長らく交流があったのです。ただ、私たちは、私が大学院の頃に初めて出会いました。

:それでご主人が大学院を卒業された頃、結婚なさった。

神﨑寛子(以下、寛):はい。私は大学を卒業して、皮膚科の研修を2年終えた頃でした。主人が大学院卒業後すぐ、山口県の国立岩国病院(当時)に出向になったので、私も一緒について行きました。そのタイミングで私は仕事を辞めたんです。

:仕事を続けていかれるのが難しくなったのですか?

:そうですね、国立岩国病院には皮膚科がなく、皮膚科医として働くためには、片道2時間かけて広島市内に通わなければならなかった。これでは仕事ができないと思い、諦めました。もともと私はそこまで熱心でなく、結婚したら辞めてもいいかなと思っていたんです。

:私としては、何とか同じ病院で働けないか、病院長にお願いもしていたのですけれどね。

:それから2年間は、子どももできず、家でじっとしていました。国立岩国病院でパートには誘っていただいたのですが、やりがいが見出せませんでした。働き口がたくさんある内科が羨ましくなり、内科のレジデントになることも考えました。

:ご主人は、皮膚科医を続けることを勧められたんですね。

:はい。大学に相談してみたらどうかとアドバイスしました。それがきっかけで妻は岡山大学の医局に戻ったのです。私は岩国での勤務があと2年ありましたので、そこからは単身赴任という形でした。

大学への復帰・子育て

:大学に復帰されてどのように感じられましたか?

:多くの症例を診ることができ、面白いと感じました。教授の指導が上手で、カンファレンスでも多くのことを勉強させていただきました。自身の診療への姿勢は、この時代に身についたと思います。

:この頃はもう辞めたいとは思われなかったのですね。

:はい。その時々で大変なことはありましたが、辞めたいとは思いませんでしたね。

:妊娠されたときには、産休・育休は取得されましたか?

:産休はいただきましたが、産後8週で復帰しました。当時はまだ育休を取るのが一般的でなく、産休を取られた先輩の多くが、その後の人事異動を機に辞めていきました。

:そうしたなかでも先生がお仕事を続けられたのは、ご家族のサポートが大きかったですか。

:そうですね。私の母親と主人の母親が半分ずつ手伝ってくれました。私も当直があったので、主人と当直をずらして取って、朝は交代で保育園に連れて行くようにしていました。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら