医学教育の展望
「経験から学ぶ」環境で、学生を育てる(前編)

「失敗」から学び、人間的に成長してほしい

医学教育はいま、大きな変化の渦の中にあります。臨床研修必修化はもちろん、医学研究の成果や新しい技術の開発に伴って学習内容は増加し、新しい取り組みがどんどん進んでいます。そんな医学教育の今後の展望について、最前線で取り組んでいる教育者を取り上げ、シリーズで紹介します。

患者が医師に人柄やコミュニケーション能力を求める時代に、医師としての成長には、最短ルートや「正解」はない。一見、医師としての成長に関係なさそうな経験や、失敗から学ぶ経験もときには必要だ。

しかし、最近の医学生たちは失敗を恐れ、常に最短ルートを進みたがり、ただ一つの「正解」を求める傾向があると言われている。それには、過酷な医学部受験を乗り越えた後も続く、「選択肢から答えを選ぶ試験」漬けの医学教育のあり方も無関係ではないだろう。

今回は、「失敗から学ぶ」経験を医学教育に効果的に取り入れている、大阪市立大学大学院医学研究科総合医学教育学教授、同大学医学部附属病院卒後臨床研修センター長の首藤太一先生にお話を伺った。

地域医療研修でのびのび学ぶ

医学生のみなさんにも、近い将来、研修医として患者の前に立つ日がくる。研修医も患者にとっては一人の医師であり、大きな期待が寄せられる。ときにそれは研修医にとって大きなプレッシャーとなるかもしれない。

大阪市立大学医学部附属病院での臨床研修では、2年目の地域医療研修(1か月間)で、青森県での地域医療研修が選択可能になっている。毎年20名超の研修医が青森県で1か月の研修を行っているという。

「地域に出てみると、医師がもともと不足していることもあって、住民たちに研修医がとても歓迎される。そういうあたたかい空気の中で、ときに失敗も経験しながら、患者さんとの一歩踏み込んだコミュニケーションの経験を積み重ねて成長していくことができるんです。

大学病院で研修をしていると、患者さんの医療への期待や、指導医からのプレッシャーから研修医が萎縮してしまうこともあります。そういう環境だと、なかなか患者さんとの一歩踏み込んだコミュニケーションを学ぶのは難しいですよね。それが、地域での実習なら、地域住民にも喜んでもらえて、医学生ものびのび学ぶことができる。Win-Winの関係というわけです。研修医にも、とても好評です。感想を聞くと、『血圧を測っただけなのに、拝むほど感謝されて嬉しかった』、なんて体験を話す研修医もいるんですよ。」

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら