終末期医療にまつわる倫理的な問題 case3

「看護師さん、俺しんどいわ…」
転院した患者さんのベッドを整え、
部屋を出ようとするQ看護師に、Pさんがこぼした。
ホスピスに転院したRさんがいなくなり、部屋にはPさん一人だ。
「吐き気はするし、背中も痛いし、飯も美味くない。
こんなんならいっそ殺してほしいよ。」
「そんなこと言わないでください。
奥さんもPさんのこと懸命に支えて下さってるじゃないですか。」
「感謝はしてるけど、だから尚更しんどいんだよ。
俺はもうダメだと思ってるんだ。本当は抗がん剤だってやりたくなかった。
でも、あいつに頑張ろうって言われたら、弱気なことも言えねえ。
あと何か月もしんどい日々が続くと思うと、早く死なせてくれって思うんだよ。」
「――そのことは、S先生にはお話されてるんですか?」
「いや、先生と話す時はあいつも一緒だから。言えねえよ。」
「…一度、お一人で先生とお話されませんか?」

 

「先生、俺は覚悟はできてるんです。正直に話してもらいたい。悪くなってますよね?」
「そうですね…。画像で見る限り、がんは小さくなっていません。骨にも転移している可能性があります。
残念ですが、薬はあまり効いていないです。」
「まあ、わかってます。もう薬もやめたいんだけど、女房になかなか言えなくて。」
「緩和ケアチームのメンバーに、奥さんのことを含めてお願いしておきますよ。」
「というか、薬やめたら、あと何か月くらいかかるんです?」
「え?何か月って?」
「死ぬまでに。」
「――何とも言えませんが、骨転移しているとすれば、平均半年の余命と言われています。」
「…半年。半年も、こんなしんどい生活をしなきゃならないんですか?」
「もちろん、痛みは薬である程度コントロールできますし、抗がん剤をやめれば体は少し楽になりますから…」
「先生、俺にはもうそんなにやることはないんですよ。もう仕事できる体でもねえし、女房に世話かけるだけだ。
貯金を食いつぶして、苦しい思いして、ただ死ぬまで待ってろって、そりゃ拷問ですよ。
もう、いっそひと思いに死ねる薬でももらえないんですか?まあ、無理なお願いですよね…」
「すみません…」
「いや、そういうんじゃないです。でも、何のためにあと半年も生きなきゃいけないのか、それがわからないんだ。
痛くて、治る見込みもなくて、しんどくて、そんなんで生きてるなら、
楽に死なせてもらえたほうがよっぽどましだって――」

 

NEXT→生殖医療にまつわる倫理的な問題 case4

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら