「この仕事が好き」と思えることが大事
~脳神経外科医 加藤 庸子先生~(前編)

神﨑先生ご夫妻

今回は、脳神経外科分野で日本初の女性教授となり、脳動脈瘤クリッピング術の権威の一人でもある加藤庸子先生に、女性外科医としての生き方を伺いました。

即決で脳外科を選び、没頭

村岡(以下、村):まず、先生が脳外科を選ばれたのは、どういう経緯だったのでしょうか?

加藤(以下、加):教授に声をかけていただいたのがきっかけでした。私は学生の頃、休みがあるたびにいろんな医局に出入りしていました。婦人科や泌尿器科の医局にも顔を出していたんですが、脳外科の教授が、私に「君いいね、入らないか?」と言ってくださったんです。父が外科医だったということもあって、興味はありましたし、その場で入局を決めました。

:当時の医局は、女性は少なかったのではありませんか?

:少なかったですね。私が先生に見込まれたのは、健康そうに見えたのも大きいのではないかと思っています。医師のなかでも外科系は、やはり体力が必要ですからね。

入局してからは、他の研修医と手術の担当を奪いあうようにしながら、貪欲に技術を磨きました。とにかく仕事が楽しかったし、腕を上げたかったんです。

:先生は現在まで独身でいらっしゃいますが、結婚は考えなかったのですか?

:昔は、28歳になったら結婚したいと思っていました。けれど、人生なかなか思う通りにはいかないですね。そのぐらいの年頃って、学位や専門医資格を取ったり、留学をしたりする時期でもあるし、徐々に患者さんも定着してきて、仕事がますます楽しくなって、いつしか機を失った、という感じでした。

:まずは臨床研修、その後に専門医…という流れができて、男女問わず、結婚する時期が難しくなってきましたよね。

:ええ、そう思います。特に女性医師は、ちょうど自分が医師として伸びる時期と、結婚して子どもを産むタイミングが重なりがちです。そこをどう解決するかは、難しい問題だと思います。とはいえやっぱり私は、若い先生方には是非結婚してほしいなと思っていますよ。

ざっくばらんに語り合える会

:先生は1991年に日本脳神経外科女医会を発足させていますね。やはり、脳外科で女性医師が仕事をしていくうえで、女性同士での話し合いが必要だったのでしょうか。

:いえ、そんな大げさなものじゃないんですよ。アメリカで脳外科の女医会が結成されて、日本から代表として一人訪問しなければならなくなったんです。そこで一番年長だった私が、当時20名ほどだった女性専門医の先生方の意見を集約してアメリカに届けました。結局そのとき意見を出してくださった先生方が、今の女医会の土台となったんです。現在は脳外科の女性専門医も500名ほどに増え、そのうち6割はこの会に入っています。

:具体的にどのような活動をしていらっしゃるんですか?

:みんなで集まって、ざっくばらんに経験談をシェアする会を、年に2回ほど行っています。片肘をついてでも、寝転がってでもいいから、気軽に本音を話せるような場を目指しています。

:いいですね。自分だけが悩んでいるのではないとわかったら、勇気が出ますからね。

:現在は、勤務している坂文種報德會病院でも「医学生・若手研修医 先輩とのTalk会」と題して、先輩医師と研修医、医学生の交流の機会を設けています。講演会だと、だいぶ上の人の話を聴く場合が多くなってしまうじゃないですか。そうではなくて、自分よりもちょっと上の年代の先輩と、気軽にやりとりできるような環境を作っています。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら