密着取材レポート 
沖縄県立中部病院 呼吸器内科(前編)

 

沖縄県立
中部病院
呼吸器内科

550床の病床を有し、沖縄県中部の急性期医療の中心的な役割を担っています。米国統治下の1967年から医師臨床研修を実施しており、現在もハワイ大学と提携した米国式の教育を取り入れています。全国から研修医がやってきます。

 


 

石坂 真梨子先生
2015年 
鹿児島大学医学部卒業

将来は地元宮崎県に戻って在宅医療に携わるのが目標。
取材日は、呼吸器内科のローテーション2日目でした。

 

6:00 採血

研修医の仕事は、早朝の採血から始まります。1年目の内科研修医は、毎朝15人程度の採血を行います。

7:30 救命救急センターへ

救命救急センターに寄って夜間に搬送されてきた患者さんの情報を確認します。この日、呼吸器内科に振り分けられた患者さんは5人でした。
入院患者さんの最初のサマリーを書くのは1年目の仕事です。

8:45 急変

回診に向かう途中、看護師さんからのPHSを受けると、患者さんに急変があったとのこと。まずは1年目が対応にあたります。2年目、3年目の先生も加わって対応を協議し、1時間ほどで患者さんの容態は落ち着きました。

10:00 回診

呼吸器内科の回診に合流します。情報共有するとともに、その診療科の考え方やアセスメントを学びます。
午前中は、入院患者さんの診察、採血や検査など様々な処置や対応に追われます。
病院の売店で購入したタコライスを、研修医室で食べてちょっと一息。

13:30 救命救急センターへ

放射線科の先生に読影のコンサルトを依頼、丁寧に説明してもらいました。
コンサルトの結果を、2年目の先生に報告しました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら