密着取材レポート 
市立函館病院 救命救急センター(前編)

 

市立函館病院
救命救急センター

北海道道南地区で唯一の救命救急センターを備え、病床数668床を抱える中核病院です。大学医学部のない道南地区における、約50万人の高度医療をリードしています。

 


 

梅本 美菜先生
2015年
札幌医科大学医学部卒業
6か月の内科研修、3か月の外科系研修を終え、この1~3月は救命救急センターの配属です。救命救急センターはシフト勤務で、取材日は夜勤帯の勤務でした。

 

夜勤 17:00 研修医全体ミーティング

毎週木曜日、1年目・2年目の研修医が集まって全体ミーティングが行われます。研修担当の副院長も参加し、研修についての様々な情報共有が行われます。
全体ミーティングの後半は、研修医による勉強会が行われます。この日の担当は梅本先生で、抗凝固薬について発表しました。鋭い質問にも答えます。

18:00 医局会

研修医も医局会に参加します。夕食も会議中にとります。

19:20 救急搬送

救急搬送の連絡が入り、初療室で準備をして待ちます。
この日は小児の救急当番のため、子どもの搬送を優先的に受けます。階段から落ちて頭を打ったとの訴えがあったので、骨折や出血などがないか、全身を診察します。
幸い、大きな問題はなさそうでした。診察が終わると、付き添いのお母さんに説明し、手分けしてカルテを記入します。

22:30 休憩

今のところ搬送がなさそうなので、いったん研修医室に戻り、シャワー室へ。この後仮眠を取ります。

 

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら