密着取材レポート 
茨城県厚生連総合病院 水戸協同病院
救急科(前編)

 

茨城県厚生連総合病院
水戸協同病院
救急科

茨城県水戸市にある、病床数401床の病院です。平成25年度には4243台の救急車を受け入れ、地域の救急指定病院としての役割を果たしています。

 


 

橋本 恵太郎先生
2015年
筑波大学医学群医学類卒業

救急科をローテート中です。救急科にやってきた患者さんは、基本的に研修医3人と後期研修医1人の体制で診ています。 日勤帯は8〜17時。救急搬送があり次第PHSに呼び出しがかかり、対応にあたります。

 

8:15 カンファレンス

朝のカンファレンスで、緊急入院と予定入院の患者さんの情報を共有します。

9:30 グランドカンファレンス

週に一度のグランドカンファレンスでは、各科の研修医が、自分が担当した症例についてプレゼンテーションします。この日は橋本先生も一例発表しました。
ER当直中に診た循環器疾患の症例です。
センター長の渡辺先生が、橋本先生の発表内容についてコメントをくださいました。

12:30 昼食

搬送がないので、感染症に関するレクチャーを受けながら、お弁当を食べました。この日救急科で日勤についている1年目研修医2人(写真中、左から平林先生、木村先生)と、行動を共にしています。
空き時間には、見学に来ている学生に、基本診察についてレクチャーを行いました。

 

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら