密着取材レポート 
東京医科歯科大学医学部附属病院
消化器内科(前編)

 

東京医科歯科大学
医学部附属病院
消化器内科

東京医科歯科大学医学部に附属し、800床の病床を有する病院。37の診療科を持ち、外来には年間約54万人が訪れます。医師臨床研修のマッチングランキングでは、毎年1位2位を争う人気研修病院です。

 


 

上野 絢子先生
2015年
東京女子医科大学 医学部卒業

消化器内科をローテート中。2か月ローテートするうちの、4週間目です。 8人の担当患者さんを持っています。

 

7:30 ラウンド

病棟をラウンドし、指導医に報告するところから一日が始まります。

8:45 採血

診療科や病棟によって、研修医の業務は異なります。消化器内科では、採血は原則として看護師さんが行いますが、針がうまく入らなかったときなど、研修医が呼ばれることになります。
指導医の柴田先生は、この日の午前は外出の予定。朝のうちに、必要な業務の指示を受けます。

9:30 ラジオ波治療の介助

ラジオ波治療が行われるとの連絡を受け、処置室へ。
どんな治療が行われるかを把握しておくことが、 日常の業務にもつながります。

10:30 カルテ書き

担当患者さんのカルテ書きは、できるだけ午前中に終えておきたい仕事です。

12:40 昼食

研修医の同期と共に、大学構内のコンビニへお昼を買いに行きます。 時間があれば食堂に食べに行くこともありますが、この日昼食を食べるのにかけた時間は10分ほど。
研修医仲間と、束の間の団欒です。
研修医室は研修医以外は入れないルール。安心して休憩できます。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら