医学生 × ファンドマネージャー
同世代のリアリティー

『医師とお金』 編(1)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。今回は「医師とお金」をテーマに、ファンドマネージャー(講師)から医学生3名(医A・B・C)がレクチャーを受けました。

今回のテーマは『医師とお金』

医師になったら、働いてお金を稼ぎます。同時に結婚や出産、子育てなどのライフイベントのたびに、まとまった額のお金を使うことにもなるでしょう。今回は、人生で必要なお金について、専門家を招いて聞いてみました。

ライフイベントとお金

――みなさんは、医学部を卒業した後、どのように生活していくことになり、その際にどのぐらいお金が必要になるか、考えてみたことはありますか?

医A:ほとんどないですね。私は今6年生で、研修病院を探しているところなのですが、一番にはやりがいを重視したいと思っています。だから、給料のことは二の次という感じですね。周囲の人も、お金のことはあまり考えていないと思います。

医B:女子の間では、「どのタイミングで結婚する?」とか「30歳までには結婚したいよね~」といった、結婚のタイミングの話は出ます。ただ、その先の子育てのことや、かかるお金のことまで具体的に考えている人はいない気がします。

医C:私も同じような感じです。私は浪人していて今年で26歳になるので、親や親戚には「そろそろ結婚…」なんて言われたりもします。でも、まだどこで働くかも決まっていないし、相手もいないので、具体的には考えられないというのが現状ですね…。

――では、人生を長い目でみたときにどのくらいのお金がかかるのか、安定した生活を送るためにはどんなことを考える必要があるかについて、まず専門家の方に少しお話していただきましょう。

講師:こんにちは、今日はよろしくお願いします。私は、ファンドマネージャーという仕事をしています。資産運用を専門としていて、今は個人向けの投資信託や企業年金を主に担当しています。

 まず、一般的に、結婚して子どもを2人育てた場合、どのくらいお金がかかるかを試算してみましょう。大きなイベントとして、結婚費用・出産費用・子どもの教育費・親の介護の費用の4つを例に挙げてみます。まず結婚費用ですが、友人を100人呼んで、結婚式二次会までしっかりやるとなると、大体400万円ほどかかります。次に出産費用ですが、これは一人あたり50万円ほどかかります。今回は子ども2人ということなので、約100万円です。そして子どもの教育費ですが、小学校から大学まですべて公立の学校に入れたとして、一人あたり600~700万円かかります。逆に小学校から大学まですべて私立の学校であれば、一人あたり2200~2700万円くらいかかります。もし大学が私立の医学部であれば、これはみなさんの方がご存知かと思いますが、もう少し多くかかりますね。最後に、親の介護にかかる費用。これは約500万円みておけばいいかと思います。

ここまでの話をまとめると、結婚して子どもを2人育てるなら、人によって差はあれど、少なくとも3000万円程度は必要になると言えるでしょう。結構大きな金額ですよね。

――毎日の生活費以外に、結婚・子育てなどのライフイベントに、それだけのお金がかかるということですね。この話を聞いてみてどう感じましたか?

医C:私たちは私立大学の医学部生なので、お金がかかっているだろうと思ってはいたんですが、そんなにかかっているとは驚きです。これから、普段の生活を送りながら、さらに3000万円貯めるなんて想像がつかないですね。一人暮らしをしていたとき、生活するお金を自分でやりくりするのも大変だったので…。

医B:もし、結婚相手が医師か、ある程度高給な仕事をしている人なら、金銭的に余裕があるでしょうけど、そうでないとしたら大変ですね。さらに将来的に子育てなどで、どちらかが仕事を離れなければならない状況になるかもしれないし…。

医C:確かに医師同士で結婚してダブルインカムなら、金銭的には楽だけれど、生活がすれ違ってしまうのではないかという心配もあります。もしそれで離婚することになって、結局一人で子育てをすることになってしまったら、元も子もないですよね。

医A:私は、生活費をできるだけ抑えて貯金したいというのもあって、将来は地方で働くのも一つの選択だなと思っています。せっかく頑張って働いても、都心だと家賃などが結構かかってしまうので、もったいないなと。地方は家賃も物価も安いので、その分貯金することができるのではないかなと考えています。

――確かに、パートナーの仕事や住む場所によっても、かかるお金は変わってきますね。他にも、例えばマイホームを買おうと思ったら、さらにお金がかかるわけですよね。

講師:そうですね。例えば、ふつうのマンションだと、4000万円くらい。もし都心のタワーマンションを買おうと思ったら、1億円くらいかかりますね。住宅の場合は貸して家賃収入を得ることもできるので単純な支出ではないですが、家を買おうと思ったら先ほどの3000万円にプラス、それだけのお金の用意が必要ということです。

今は金利も低く、銀行に預けているだけではお金は増えません。これからの時代、ライフプランを考える上では、投資をするというのもひとつの大事な選択肢なのではないかと私は思っています。

同世代


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら