グローバルに活躍する若手医師たち

日本医師会の若手医師支援

JMA-JDNとは

Junior Doctors Network(JDN)は、2011年4月の世界医師会(WMA)理事会で若手医師の国際的組織として承認されました。JDNは、世界中の若手医師が情報や経験を共有し、未来の医療を考えて行動するための画期的なプラットフォームです。日本医師会(JMA)は2012年10月に国際保健検討委員会の下にJMA-JDNを立ち上げました。これまで若手医師の集まりは学会や医局、地域、NGOなどの枠組みの中でつくられてきました。JMA-JDNは、多様な若手医師がそれらの枠組みを超えて、公衆衛生や医療分野において自由に自分たちのアイデアを議論し行動できる場を提供したいと考えています。関心のある方は検索サイトやFacebookで「JMA-JDN」と検索してみて下さい。

今回は、WMAモスクワ総会に参加したJMA-JDNの3名の先生方から感想を寄せてもらいました。


世代ごとの強みを活かして医療を支える

JMA-JDN 代表 阿部 計大

研修医生活は大変であると先輩方から聞いたことがあるのではないでしょうか。実はそう感じているのは日本人だけではなく、世界中の若手医師が共通して持っている感覚です。研修は医師のトレーニングのために必要ではありますが、問題視されているのは、度を越した理不尽な研修や労働環境によって研修を中断してしまう若手医師がいることです。例えば、ペルーの若手医師は1年間のへき地医療への従事が義務づけられています。その際、二次医療機関まで徒歩で10時間以上かかったり、上級医に相談する体制がなかったり、診察器具もなかったり、住民から暴行を受けたりと過酷な状況に置かれている若手医師もいるそうです。また、韓国の研修医の平均労働時間は週約120時間に及ぶと報告されていたり、最近では英国の研修医が労働条件をめぐってストライキを起こしたりもしており、研修医の労働問題は、世界中の若手医師が直面している切実な問題となっています。

JDNではこの世界中の若手医師の共通の問題意識をもとに議論を重ねてきました。そして、2015年10月14~17日にモスクワで開かれたWMA総会にPhysicians Well-Being(医師の安寧)に関する声明案を提出し採択されました。この声明は医師や医学生自身も医療の対象となる一人の人間であるという医療の根幹を照らすような声明となっています。そして、医師や医学生の健康改善が患者に良い影響を与えるという考え方を大切にしていきましょうというメッセージが込められています。

この声明の内容自体も有意義なことなのですが、若手が発言しにくい雰囲気のある医療界において、若手の問題意識が原点となった声明案がWMAで採択されたことは非常に画期的な出来事だと感じています。私は若手とベテランなどとむやみに世代を分けることが良いとは思いませんが、これまでこういった議論の場に若い世代の関与が少なかったのは事実だと思います。近年WMAやWHOにはJDNや国際医学生連盟(IFMSA)の代表が毎回参加して、共に様々なトピックの議論をするようになってきています。もちろん若手医師や医学生にとって大切な勉強や研修が優先されるべきで、参加する余裕がなかったり、興味が持てなかったり、経験や知識が浅く到底議論に加われないこともあるかもしれません。しかし、今回のように若手医師だからこそ気づく問題があったり、上の世代とは異なる価値観で議論に加わることができたり、ITや他分野とのコラボレーション等、若い世代が得意と思われることを活かせる可能性があります。そして、参加した若手医師や医学生の視座を高め、若手を育成することにもつながると思いました。

日本でもJMA-JDNやIFMSA-Japanのように若手が集う場が整いつつありますし、少しずつ若い世代が議論に加われる素地ができてきているように感じます。近い将来、世代ごとの強みを活かして医療を支えるような時代が来るかもしれません。

阿部 計大
手稲渓仁会病院で研修後、東京大学大学院公衆衛生学博士課程に在学中。家庭医療専門医。認定内科医。産業医。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら