2015年度天皇杯出場!
徳島大学医学部 サッカー部を突撃取材!(前編)

男子サッカーで西医体を2連覇している徳島大のサッカー部を、今回は突撃取材しました。

徳島大学は伝統的にサッカー部が強く、医学部の中でサッカー部が強い所という理由で徳島大学に来る学生もいるとのこと。他の医学部から遠いため練習試合の相手も限られることから、県内のリーグ戦にも参加してレベルアップを図っています。昨年度は、徳島県代表として初めて天皇杯の本戦に出場しました。1回戦で広島県代表の広島経済大学と対戦し、前半は0-0で折り返したものの後半に2点を奪われて惜敗してしまいました。その悔しさをバネに、今年はまずは西医体の3連覇を目標にして頑張っています。
現在の主力メンバーには新6年生が多く、臨床実習と練習の両立は簡単ではなさそうです。実習先によってはギリギリまで実習をして、他の部員の車に拾われてなんとか練習試合の会場に駆けつける―といったこともあるようですが、19時から21時半までの夜間練習と、土日の練習で高いレベルを維持しています。監督もコーチもいないなかで、自分たちで練習メニューを組み立て、声を出して常に互いのプレイを意識しながら練習に取り組んでいます。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら